IT転職

3-10 IT未経験で転職出来る?→可能|現役ITが理由と手順を解説

重に!IT未経験の転職で失敗しない方法とお薦めの転職活動方法IT転職

ITの経験がないけど転職できるか知りたい

未経験から転職する際の手順を知りたい

といった疑問に答えます。

記事前半で、IT未経験者が失敗しない転職を実現する為に必要な予備知識を紹介します。これにより、転職こんなはずじゃなかった!を防げます。記事後半では、ITへの転職でお薦めのエージェントを紹介しています。

✔記事の信ぴょう性

SE歴10年以上。現在、大手EC運営企業の管理職 兼 社内SE講師として活躍中。15か国以上へのグローバル利用のERPシステム開発やパッケージソフト導入等幅広く開発を経験。

IT採用面接官として、100名以上と面接を実施。IT未経験者の採用~育成を実施している経験からアドバイスできます。

なぜIT未経験者でもITへの転職は可能か?

IT未経験でもITへ転職可能な理由はいたって簡単です。

理由は以下2つです。詳しく解説していきます。

IT技術は日進月歩。新しい技術は有識者の方が圧倒的に少ない
ITは慢性的に人手不足。沢山のIT未経験者が転職に成功

IT技術は日進月歩。新しい技術で人材は常に不足

図 : IBM Zから見たサーバーシステムズの歴史
出所:IBM

少々細かい画像で恐縮ですが、上記図はサーバーの歴史です。

1972年に電球が普及してから約50年でIT技術がものすごい進化を遂げています。

もう少し視覚的にサーバーの進化をご紹介します。

出所:Type

サーバーの歴史1つとってみてみても、1980年代のメインフレームと呼ばれる大型の組み込み型サーバーは、どんどん性能をあげサイズを縮小し変貌を遂げています。

近年では2000年ごろからのインターネットの普及に伴いサーバーは企業のサーバールームから姿を消しクラウドに姿を消しました。

このような変化も全体でも50~60年の変化です。

インターネットの普及から見ればほんの20年の間で進化が起こっています。

さらに、その進化はとどまることなくどんどん新しい技術を生み出しています。

Top-10-Technology-Trends-That-You-Can-Learn-in-2020
出所:GeekforGeeks

2020年注目のITトレンドだけいくつか紹介します。

5Gネットワーク
xR
自動運転
スーパーアプリ
テレワーク・リモートワーク
エンパワードエッジ
x-techのさらなる躍進
自動化
AI
IOT

この中にもいくつか既に言葉も知らないような技術があるのではないでしょうか?

IT技術の進化は今も着々と進んでいます。

新しい技術はそもそもマーケットに有識者は極めて少ない

ITは慢性的に人手不足。沢山のIT未経験者が転職に成功

ITの技術が進化し、さらにその新しい技術がビジネスにとる困れることにより、IT技術のビジネスでの重要性とIT人材の必要性が上昇しています。

以下は、ITの求人数の推移です。一目瞭然で右肩上がりです。

2019年9月のDODA社の調査では、転職求人倍率2.69倍。つまり、転職しようと思った時にIT系の転職選択肢が一人2.69社=3社くらいあるということです。(上記図)

参考ですが、他の業種と比較するとITという職業の注目度・優位性を理解することが出来ます。

業種別の転職求人倍率【グラフ】
出所:doda

現状としては、コロナの影響で全業種の求人倍率が下がっていますが、他業種よりもIT業界は圧倒的に求人数が多く最も転職をしやすい業種だと言えます

ITの転職の半分は未経験者(30代データ)

IT業界 転職者 内訳 41.3% 異業種
出所: P・S-One

活発なIT業界の転職事情を見てみると、実に41.3%は異業種からの転職(未経験者)の転職というデータが公開されています。(想像より多く私も驚きました)

さらに、このデータは30代のデータなので20代ではさらに未経験者の採用ハードルは低くなることが想像できます。

IT業界の転職の約半分は異業種(未経験者)という結果

グルー
グルー

どこまで書いてOKかわかりませんが、、、

私も何人もIT未経験者を採用しています。

理由は、現代のITはプログラミングができるとか、サーバーを設定できるとかの知識も本当に日進月歩して。いつまでも過去の知っている技術の知識よりも、新しい技術(AWS・アジャイル開発)等を意欲的に学びたい人の方が結果企業に役に立つからです。時代は、どんなサービスを知っているか?=勉強を続けるか。

特に30歳以下であれば、何を知っているか?よりも、どんなキャリアプランでITに転職しようとしているか?学ぶ意欲はあるのか?といった将来のポテンシャルに重きを置き採用を検討します。

IT未経験者がどのようにITへの転職準備を進めるべきか?

IT未経験者の転職活動にに必要なステップは以下です。

IT未経験者が必要な情報収集は、【IT業界知識】と【IT転職知識】

IT未経験者に必要な情報は以下の2つです。

1 IT業界に関する知識
2 IT業界への転職に関する知識
です。

この2つの情報を取得することにより、そもそもIT業界はどうなっていて、あなたはどのようにその転職成功の為の活動を行うべきなのか?を理解できます。

IT業界に関する知識

IT未経験者に必要なITの知識は技術的な勉強の話ではありません。企業によっては本当にIT技術が無しでも採用してくれるところもあるので、IT技術の勉強よりも先に以下の知識の取得を進めるべきです。

まず初めに抑えるべきは、日本のIT業界の構造です。IT業界と言っても、Sierもあれば、WEB系、社内SEと多種多様です。まずはIT業界はどんな職業があるのか?違いは何のか?の理解から始めましょう。

1-2 シンプル!! IT業界の2業界6業種を分かり易く解説
ITの職種・種類の全体概要を知りたいといった悩みを解決します。IT業界の職種6分類を1つづ丁寧に解説します。体系的に業界を理解できるおススメ記事です。

IT技術も併せて伸ばしたいという方は、【【厳選】SEにおすすめ本20冊と勉強方法|社内SE/情シス必見】でITの勉強におすすめの書籍を紹介しています。

IT転職に関して必要な知識

次に抑えておきたいのが、ITの転職に関する知識です。通常の転職に関すて必要な情報・知識は、【3-3 はじめての転職活動の不安。誰に相談?おすすめ情報収集方法】の記事で紹介していますので、本記事ではITの転職に必要な知識をご紹介します。

ITの転職に必要な知識は以下の2つです。

アフターコロナのIT業界の近況

コロナ後のニューノーマルはIT業界には追い風です。どのような変化がIT業界及び転職市場におこっているのか理解をしておきましょう。

知らないとどれくらい求人有利なのか?将来的にどんな方向性に向かっているのかを見誤ります。

1-7 社内SEって転職出来ないと考えてない?今後の需要・将来性
猛威を振るう新型コロナウイルスの状況下で、なぜ社内SE/ITへの転職・就職がおすすめか?を解説します。社内SEの需要推移、新型コロナウィルスで露呈した日本のIT化の課題、日本で社内SEニーズが増加する理由、の観点で解説していきます。この記事を読むことで、社内SEという職種の可能性を理解する事が出来ます。

社内SEに興味のある人は、社内SE関連の記事もおすすめです。

社内SEやめとけ!こんな人は向いてない2つの観点【転職前必見】
社内SEってどんな人がむいてるの?なぜやめとけ!っていわれてるの?といった疑問に答えます。記事前半で、やめとけと言われている理由を解説します。記事後半では。やめておくべき人の素養を解説します。この記事で、社内SEに興味があって転職を迷っている人が先に進むべきかどうか判断できます。
3-4 社内SEに向いてる人・向いていない人の特徴とは?【簡単診断】
社内SE業務疲れた。社内SE向いていないかも、と言った悩みに回答します。本記事で、社内SEに向いているか?向いていないかを簡単に診断することが出来ます。記事後半では、診断結果に基づきどう改善できるか?必要な次のアクションを特定できます。

IT未経験者にお薦めのエージェントの選び方

ITに応募したくても転職エージェント沢山ありすぎてどうやって選べばいいかわからない

ITにも様々な領域があります。それと同様に転職エージェントにも特徴があり、あなたの転職の興味ある領域に強みのある転職エージェントとのコミニケーションが必要です。

IT未経験者におすすめの転職エージェントの選び方は総合性と専門性

無数に存在する転職エージェントの総当たり戦を実施手入れは、骨折り損のくたびれもうけです。IT未経験者が登録すべきエージェント選びの軸は、総合性と専門性です。

理由は、総合大手で広く求人情報を収集できます。基本的には総合大手だけでも大丈夫です。

しかし、餅は餅屋で領域特化の転職エージェントも登録することで、
・そのエージェントだけに登録してある求人の情報を漏らさない
・領域に特化したエージェントから知識を取得し知見を広げることができる
からです。

一般的な統計的にもみなさん転職時は2~3社登録しています。

転職エージェントを総合性と専門性で分類

右下の丸の中が総合力に優れた大手転職エージェントです。ほとんどの人が必ず押さえている大手転職エージェントです。この中から2社程度選定します。

さらに、領域特化エージェントから1社選んでおくことで、

転職エージェント・サイトを分かり易くニーズ別に解説していきます。

IT求人もしっかりそろえる転職総合大手3社
 ・転職者満足度No 1 doda (社内SEで検索した際求人数No1のRecruit凌ぐ求人数)
・求人数No1 Recruit
・親身で丁寧なサポートに定評 PASONA (私も過去転職でかなりサポートに満足)

ITの領域別特化エージェント
・20代・第二新卒の転職 マイナビ20’s
・社内SE特化 社内SE転職ナビ 詳しくはこちら
・システムエンジニア向け マイナビエージェント×IT TechStar
・とにかく高年収  TechClip
・ITコンサルタント転職 アクシスコンサルティング
・ゲーム業界の転職 シリコンスタジオエージェント
・WEB業界・クリエーター レバテックキャリア
・先端技術・イノベーション領域に転職 Kaguya

上記総合から1-2社と特化エージェントの組み合わせで質・量両面をカバーできます。

転職活動に合わせておすすめツール

企業情報収集に便利なツールに、転職会議というサイトがあります。国内最大級100万件以上の転職口コミ情報を見ることが出来ます。

転職企業リサーチを進める際に、企業の口コミ・生の声での裏どりに最適なツールです。

IT転職未経験の履歴書準備

基本的には、履歴書準備は一般でもITでも基本は同じです。以下の記事ではITに特化した志望動機のサンプル付きで履歴書の書き方を紹介しています。

3-9 転職活動に役立つ履歴書・志望動機の書き方|社内SE向け
社内SE・情シスへの転職したい!「履歴書の書き方」・「志望動機」「面接の準備」の方法が教えて!と言った悩みを解決します。この記事では、社内SE・情シスへの転職に役に立つ書類作成の基本、面接対策、パターン別の志望動機サンプルをご紹介します。

はじめての面接準備

面接は誰でもはじめては緊張します。とはいえ、対策がないわけではありません。しっかりと準備をすることにより思い通りのパフォーマンスを発揮できるように準備が可能です。https://itinfoshop.com/job-change-interview/

本記事で紹介したおすすめ転職エージェント

転職満足度NO1 doda

おすすめ度:★★★

【公式URL】https://doda.jp/

おすすめの理由は、
・顧客満足度No1という点
転職サイトのDodaと連動して活用でき使いがってがいい点
 自身でDodaサイトで求人情報を検索→気になった案件をエージェントと会話し推薦状をお願いする流れが構築できます。

過去に、Dodaエージェントを活用しました。転職大手だけあり、エージェントは質の高さ・丁寧さに満足しました。転職者満足度No1なだけあります。

パソナ

おすすめ度:★★★★

【公式URL】 http://www.pasonacareer.jp

転職者に新味に寄り添ったサポートで定評があるのが、PASONAです。私も転職時に利用させていたd買いましたが、担当者が丁寧で転職知識のなかった当時の私に親切なサポートをいただきました。

他エージェントと馬が合わない経験のある人には是非お勧めです。

マイナビエージェント×IT

おすすめ度:★★★★★

【公式URL】https://mynavi-agent.jp/

大手のマイナビエージェントが運営しています。求人数が多いだけではなく、IT特化のサービスを打ち出しているだけあって、業界に詳しいエージェントが在籍しています。

エージェントから業界・求人トレンド情報収集だけも価値があります。さらに、模擬面接のサービスは是非活用をおすすめです。大手だけあって、独占求人もあり登録がお薦めです。

レバテックキャリア

おすすめ度:★★★★★

【公式URL】https://career.levtech.jp/

マイナビIT同様おススメしたいのが、レバテックキャリアです。IT・Web系エンジニア・クリエイター専門までITに特化した求人をそろえています。首都圏・大阪・福岡の案件を多くそろえています。

IT業界の知識豊富なエージェントが存在するだけではなく、かなりの方がエージェントと馬が合ったという意見があります。この2社を抑えて転職トレンドや求人の情報収集をするの効率的です。

年収アップ TechClipエージェント

おすすめ度:(IT×年収アップ求人)★★★★★

【公式URL】https://agent.tech-clips.com/

ハイクラス転職と言えば、ビズリーチなどがあげられますが、ITに特化したハイクラス転職のエージェントでお薦めは、「TechClip」と次にご紹介する、「アクセスコンサルティング」です。

TechClipエージェントは、自社サービスを持つ事業会社の求人+確実に年収アップを狙いたい人に向いています。求人の82%以上が500万以上の求人です。年収アップ率93%というデータが、エージェントの営業力を裏付けています。

アクシスコンサルティング

おすすめ度:(IT×コンサル×高収入)★★★

【公式URL】https://www.axc.ne.jp/

TechClipよりもコンサルティングファーム中心のIT案件に強みのあるのが、アクシスコンサルティングです。BIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)やアクセンチュアなど総合系コンサルティングファームの転職に強いエージェントです。

ゲーム業界の転職におすすめエージェント

Tech Stars Agent

おすすめ度:(ゲーム業界)★★★★

【公式URL】https://techstars.jp/lp/

ソーシャルゲーム業界のエンジニア職に特化した転職サービスを提供しているのが、Tech Stars Agentです。SEの開発や、社内SEとは文化の違うゲーム業界です。餅は餅屋で、特化したエージェントで効率的に転職活動がお薦めです。

先端技術・イノベーション領域に強いエンジニア転職 Kaguya


おすすめ度:(イノベーション特化)★★★★★

公式URL:www.kaguyajob.com

エンジニア専業転職支援 求人数 業界No.1がKaguyaです。先端技術・イノベーション領域に強い転職コンサルティングサービスが特徴です。最先端の技術にチャレンジしたい人は是非活用したいエージェントです。