当ブログのメディアミッション

当ブログは、現代のビジネス・生活に欠かす事の出来ないITの担い手のITエンジニア(社内SE/システムエンジニア)を支援するブログです。

IT化・ DX (デジタルトランスフォーメーション)が進行する現代において、ビジネス・仕事の付加価値はITが創ります。ビジネスの創造を担うITエンジニアに有益な価値ある情報を提供します。

人類の歴史で物・道具は我々の生活において非常に重要な位置づけにあります。今後更に生活を良くしていく今後世の中に必要な道具=ITです。

そのITの作り手であるITエンジニアの活躍が世の中において重要な位置づけにあります。

スポンサーリンク

そんな現代のITエンジニアが抱えている悩み

ITの担い手である、ITのエンジニアは以下に分類できます。

Sierのシステムエンジニア、社内SE、プログラマ、テスター、WEBデザイナー、コンサルタント等多岐にわたります。

当サイトでは、筆者の経験を活かし社内SEに特化した悩みを解決します。

この記事で、社内SEの情報流動性を高め社内SE全体のレベルアップを狙います。これにより、私が日本語でアプローチできる日本語を読める社内SEさんをより早く次のステージに進むご支援をします。

社内SEさんの抱えている課題

・そもそもどうやってスキルアップをしていけばいいか分からない?
・ベンダーさんとの付き合い方が管理方法が分からない
・ビジネスサイドとどう調整すればいいか分からない?
・より快適・適切な仕事をするためにどうすればいいの?

そんな社内SE/ITエンジニアに価値ある情報とは?

社内SE/ITエンジニアに不足している情報とは?

日本のITの構造は、大部分がベンダーに所属するシステムエンジニアです。つまり、事業会社に所属する社内SEはマイノリティーな存在です。

今後、日本も海外並みにIT化が活性化するとこの構造は変化すると予想します。すると、益々孤立したSEが点在します。この状況下では、社内SEを繋ぐ情報が非常に有益になります。

シェアすることで価値ある情報として

社内SEに必要なSE基礎情報
→かなりの企業がITにそもそも投資せず、自分で勉強しろ!という現状
 これで、IT化・ITイノベーションが推進されるわけはない

社内SEがビジネスで生き抜くための仕事術
→ユーザー&ベンダーの間で板挟み。上手に業務をこなす秘訣を共有
→仕事効率化マニア直伝の仕事術を公開

社内SEが直面するシステム開発・運用のポイントをアドバイス
→社内SEならではのシステム開発の勘所・注意点を共有

社内SEの流動性を上げより快適な生活になるキャリアアップ情報
→社内SEだからこそお届けできるキャリアアップのアドバイスを提供

社内SEが押さえておきたい最新技術・ツールを公開
→個人の学びを通して感じた技術をどんどん配信
→且つ、FACEBOOKで社内SEコミニティーを作成し情報共有の場を提供

等があげられます。

これらの情報を提供することにより、孤立したITエンジニアがゼロから物事を考え進めるのではなく、検討の方向性をいち早く見つけることが出来るコンパスの様な存在を目指しています。

提供する情報を蓄積することにより、社内SEの仕事・生活を豊かにできると信じています。

私の見ている景色

『人類の歴史 』 は、280万年前からの道具の進化の歴史と言っても過言ではないと考えます。道具の進化が私たちの歴史を劇的に豊かにしてきました。


コンピューターは1940年まで世の中に存在していませんでした。( このyoutubeは道具の歴史をダイジェストで教えてくれます(英語です) )

  • 道具の歴史
  • ・280万年前:  石器
  • ・30万年前:  言葉
  • ・1万年前:   畜産
  • ・500万年前: 科学
  • ・1世紀前:  IT

この記事を執筆した時点(2020年)で考えると、

・1940年間は少なくともNOパソコン・NOインターネット時代
・この60年程度で、どこでも誰でもモバイルで情報に瞬時にアクセスし情報を授受できる時代

驚くべき進化ではありますが、インターネットというツールの可能性はまだまだ未知数と考えるのが歴史の大局・時間軸から見ても妥当です。

価値を提供する上での方法


価値の高い情報を提供する為に実施する方法

・情報の信ぴょう性を重要視する
・読み手に取って情報の選択肢を提供する
・分かりやすく伝える

・ITエンジニアに、役に立つ情報を提供する

運営方針


このブログの価値は、以下と考えます。

情報消費者に、

・嘘偽りのない情報を提供する
⇒嘘をつきません
・筆者の経験談からの知見をストレートに伝える
⇒忖度なしで、意見をぶつけます
・知見を圧縮しフレームワークとして提供する
⇒情報の再利用できる状態に体系化します
・最新の情報を選別・精査し分かり易く提供する
⇒私の知見であなたの時間を節約します

探す手間、まとめる手間、体系化する手間を省きます。

価値提供のコミニケーション手段

その情報価値提供のコミニケーション活動として

オンライン
・SNSによる不特定多数への周知活動
・当ブログによる情報資産のポスティング活動

オフライン(今後のやっていきたいと思っています。)
・講演会・書籍等によるリーチング活動
・勉強会等による支援活動

等実施しITエンジニアを支援していきます。

社内SEの社内SEの為のコミニティーへ是非参加お願いします。