IT転職

必見!社内SE転職に本当に便利なおすすめ転職エージェント・サイト

社内SE転職エージェントIT転職
IT従事者
IT従事者

社内SE・情シスのもっと好条件の仕事に就きたい!
もう、今の仕事から早く転職したい!
効率よく転職活動を上手く進めたい!!

と言った不満・疑問に答えます。

本記事で、社内SE・情シスに特化したおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

社内SEに特化した転職エージェントの活用で、
①ITにうとい, イライラするエージェントとのやり取りを防げる
②効率的に絞った濃い求人と向き合える
③IT・市場に詳しいエージェントが、あなたの市場価値を分析を支援できる
④信頼されるエージェントからの推薦で面接確率を上げられる

といったメリットがあります。

✔記事の信ぴょう性

SE歴10年以上。現在、大手EC運営企業の管理職 兼 社内SE講師として活躍中。3度の転職でどんどん好条件の仕事を手に入れ年収も大台突破。

過去の転職経験と、特に1度目の転職失敗の学びからおすすめを紹介します。

社内SE・情シスに特化したおすすめ転職エージェント

本記事で紹介する社内SE・情シスおすすめ転職エージェント

社内SEへの転職活動必ず押さえておきたい
社内SEナビ

信頼と実績のある大手転職エージェントも活用  
社内SE求人数 No1 Doda
社内SE求人数 No2 Recruit Agent

社内SEむけ転職サイト
GeekOut

IT×首都圏特化なら
レバテックキャリア

社内SE/情シスに「おすすめの転職エージェントを選ぶ」考え方

エージェントの信頼度

厚生労働省によると、(2018年)民間の職業紹介所は、20406事業所が存在するそうです。どのエージェントを利用して転職してもいいのか?というとそうではありません。

採用側からも信頼されているエージェントと会話し推薦をもらうことで面接確率を上げることが出来ます。地方にあるような、小さな転職エージェントでは、そもそも大手等のコネクションがなく推薦すら難しい企業もあります。

知名度+口コミをもとに、まずはIT関連の転職エージェントを以下の13社に絞りました。

エージェントの専門性

八百屋に行って魚は買うべきではなく、専門店はやはり厳選された商品があります

転職も同じです。

IT/社内SEの事情を知らないエージェントは、所詮ネットで拾えるような浅い情報と求人企業のネームバリューからあなたに転職を提案してきます。

1回目の就職失敗談

大手総合転職エージェント〇〇〇〇〇〇を活用しました。担当は、IT専門外の人。当時はその違いすらもわからないひよっこでした。

担当エージェントが進めてきたのは、
・企業の伸び
・社長の人柄
・年収
・職場環境
等々からおすすめを進めてきました。

面接していただくと社長の人柄も良くすぐに決めました。

就職してみると、IT企業とは名ばかりの地場企業の御用聞きのなんでも屋。。。

振り返ってみるっと、ITに精通していない転職エージェントさんは、
ローカル企業の開発力の無さ
社内SEとして仕事内容の妥当性
・まして、開発している分野、方法論、管理体制
IT素人にこの違いが分かるわけがありません。。。

あたりまえ、この当たり前にきづかなかった。。。

社内SEに特化した求人数

上記で選定した転職エージェントを、社内SEへの専門性を抜きにして、押しなべて求人数で比較すると、リクルートDODAが圧勝です。

しかし、転職総合大手だからといってこの2社のみ利用していては、私の転職1回目と同じ失敗をします。

転職エージェント求人数特徴
リクルート203496転職総合
DODA151260転職総合
PASONA36583転職総合,女性転職
ワークポート27400IT専門
リクナビNext27000転職総合
Geekly18800(内非公開 1万)IT専門(東京特化)
マイナビIT11400 (内非公開5400)IT専門
Type9800転職総合
GeekOut8100IT専門
TechClip6000 (内非公開4500)IT専門(首都圏特化)
レバテック3900 +非公開IT専門

エージェントの専門性・社内SE求人数で並び替えを実施

転職エージェントを社内SE・ITエンジニアの専門性と、求人数で並べ替えます。

社内SE求人数は、実際にそれぞれのサイトに訪問し、検索窓で【社内SE】で検索を実施しました。

社内SEに本当におすすめの順に転職エージェントを並び替え結果

おすすめ度専門転職エージェント社内SE求人数求人数
☆☆☆☆☆社内SE特化社内SE転職ナビ11476500
☆☆☆☆転職総合(社内SE求人No1)DODA1486151260
☆☆☆転職総合(社内SE求人No2)リクルート1246203496
☆☆IT向け転職サイトGeekOut9978100
☆☆社内SE 首都圏おすすめレバテック5573900 +非公開
社内SEを含むITエンジニアマイナビIT13211400 (内非公開5400)
転職総合PASONA113836583
転職総合リクナビNext93827000
転職総合ワークポート57527400
転職総合Type2189800
WEB・ゲームGeekly47618800(内非公開1万)
ITエンジニア+高年収TechClip16000 (内非公開4500)

上記の並び替えた結果の理由を以下で解説していきます。

転職する際には、平均して2~3社登録し転職活動されるのが一般的というと統計があります。

それ以上登録すると、転職エージェントとのコミニケーションの質も落ちる為、本記事ではTOP5の転職エージェントとサイトを紹介します。

おすすめ1位 社内SE特化エージェント 社内SE転職ナビ

おすすめ度:★★★★★

【公式URL】https://www.aim-factory.com/

社内SEの求人数1147と群を抜く品揃え、さらに社内SE専門のエージェントがお勧めの理由です。

社内SE専門中の専門です。上記でお話した失敗談の裏返しになりますが、社内SE領域に特化したエージェントとのコミニケーションは内容の濃く・信頼のおける情報になります。また、大手とは違い機械的なマッチングはせず、一人ひとり面談で転職者に寄り添った支援・提案してくれるのも魅力です。

以下口コミからも、専門性の高さと使い勝手の良さが感じられます。

社内SEナビのネットの口コミ

20代 プロマネ:
エージェントの専門性が高い。よかった点は、転職を焦らせず親身


Twitterの声:
レバテック・Dodaよりかは専門性高めなので、最初のやつとしてはいいと思いますよ


30代事業会社:
自分で認識していなかった強みを気付かさせてくれ年収アップできた

他エージェントに比べ知名度は、低めですが10年以上創業している企業です。

会社名 アイムファクトリー株式会社
設立  2008年7月8日
資本金 15,000,000円

念のため、働く従業員の満足度も調査しましたが、ネガティブなコメントは有りませんでした。快適にお仕事できる環境=いいサービスをユーザー(求職者)にも提供可能な要因です。

出所:転職会議

更に詳しく社内SE転職ナビを知りたい方にはいかがおすすめです。

社内SE転職ナビ|徹底分析、口コミ、評判、登録方法まとめ
社内SEに特化した転職エージェントの社内SE転職ナビを徹底分析します。この記事を読むことで、社内SE転職ナビの良い・悪い口コミ、登録方法、その他企業情報等理解できます。

転職活動に合わせておすすめツール

企業情報収集に便利なツールに、転職会議というサイトがあります。国内最大級100万件以上の転職口コミ情報を見ることが出来ます。

転職企業リサーチを進める際に、企業の口コミ・生の声での裏どりに最適なツールです。

第2位 転職大手 doda 社内SE求人数No1

おすすめ度:★★★

【公式URL】https://doda.jp/

社内SE転職ナビ+1社で選ぶならDodaがお勧めです。

おすすめの理由は、
社内SEの求人数がNo1という点
転職サイトのDodaと連動して活用でき使いがってがいい点
 自身でDodaサイトで求人情報を検索→気になった案件をエージェントと会話し推薦状をお願いする流れが構築できます。

過去に、Dodaエージェントを活用しました。転職大手だけあり、エージェントは質の高さ・丁寧さに満足しました。転職者満足度No1なだけあります。

第3位 転職大手 Recruit Agent 社内SE求人数No2

おすすめ度:★★★

【公式URL】https://www.r-agent.com/

国内最大手の転職エージェントです。専門性の高いエージェントと併せて、こちらのリクルートもしくはDODAの活用がお勧めです。

理由は、社内SEとして勿論転職・休職活動をされているのは分かるのですが、転職市場概況だったり、もしかすると他業種(例 AI・データアナリスト等)新しい分野が向いているなんてこともあるかもしれません。

情報を広く収集するという意味で、転職業界NO1 or NO2のエージェントも活用がお勧めです。

ちなみに、転職エージェント部門No1ということは、企業側の評価も相当高い=信頼されているを裏付けています。もし、同じ求人に出くわしたら信頼度のより高いエージェントから推薦してもらうのも手です。

転職者の8割が登録という鉄板中の鉄板です。IT業界・社内SEへ転職希望の場合でも、登録しておいて損はありません

第4位 Geekout (転職サイト)

おすすめ度:★★★★

公式URL: https://geek-out.jp/

社内SEナビに次いでおすすめが、Geekoutこちらは転職サイトです。

おすすめの理由は、
・社内SEの求人数は、997とこちらも品そろえが豊富
使いやすい操作性でサクサク検索可能・リコメンドの使い勝手〇
・自分のペースでゆっくり探したい人に向いている(社内SEさんに多いタイプ)
・転職サイトなのに、転職の無料相談サポートが受けられる

点です。

時に、転職サイトなのに、ITに強い担当からサポートが受けられるのは他社にない強みです。さらに、このサイト自体大手転職エージェントのPASONAが運営しているため転職事業自体の質は間違いありません。

レコメント機能が充実

趣向・プロファイルに基づいて提案してくれるレコメンド機能の評判がいいです。使い勝手の悪いアプリケーションではストレス以外の何物でもないですが、その点社内SEでも満足いただけると思います。

自分のペースで探したい人に便利

転職はいい求人があればしたいけど、そんなに今は急いでいない!という方に非常にお薦めです。

転職サイトなのに無料転職サポートが受けられる

転職サイトではありますが、ITに専門性のあるアドバイザーをそろえているのが特徴です。転職サイトとしては非常に珍しいサービスです。自身での検索→無料相談を受けられる点が他社にない強みです。

第5位 レバテックキャリア

おすすめ度:★★★

【公式URL】https://career.levtech.jp/

第3位はレバテックキャリアです。ITエンジニアに加え・Web系エンジニア・クリエイターも取り揃えるエージェントです

こちらのエージェントの利用のおすすめは、首都圏・大阪・福岡在住の方です。首都圏の案件を多くそろえているのが強みになります。

勿論、IT業界の知識豊富なエージェントが存在するだけではなく、かなりの方がエージェントと馬が合ったという意見があります。

現役社内SEが語る、社内SE・情シスの転職で知っておきたいコツ

 現SEが語る|システムエンジニア・SEの転職で知っておきたいコツ

・キャリアコンサルタントの力量チェック
・あなたの為を思ってくれるエージェントは一握りを理解しよう

キャリアコンサルタントの力量をチェックしよう

社内SE・情シスへの転職で気を付けるべきことは、有能なエージェントでないとあなたの経歴にあった仕事を提案できません。

つまり、時間の無駄が発生します。(運も重要)

とはいえ、時間の無駄を省くコツがあります。

お勧めの方法は、エージェントとの会話で出来るだけあなたのスキル等具体的に会話する
・知見があればあなたとの会話はスムーズに進みます。
・有識者でなければ、会話にもならないでしょう。
あなたの知識を理解できない人が、あなたに合った案件を提案できるはずがありません。無能であればエージェントを切り替えましょう。

大手であれば、リクエストすればエージェントチェンジをしてくれる場合もあります。交渉しましょう。

企業の業績もチェックしよう

企業の雰囲気も当然業績に左右されます。足元がしっかりしているのかは、IRBANKでチェックがお薦めです。過去からの企業業績の推移を簡単に見ることが出来ます。

システムエンジニア・社内SEへの転職に関する質問

IT初心者でも情シス・社内SEになれますか?

勿論可能です。

なぜ言い切れるのか?私の部署でも採用しました。経験も大事ですが、ITは日進月歩、結局学ぶ意欲が大事です。

社内SEとシステムエンジニアどっちがお勧めですか?

こちらの記事、「徹底比較|社内SE/Sier SEの違いは?【求人倍率・年収・スキル】」を参考に、仕事・給与の違いを認識しあなたに合った職種を選びましょう。

個人的には、社内SEとシステムエンジニア?で悩むのではなく、あなたのしたい事をどっちで達成できるかで選んでいただきたいです。

社内SE向いてるかな?と悩んでいる人には、【社内SEに向いてる人・向いていない人の特徴とは?【簡単診断】】の記事もおすすめです。

システムエンジニアの仕事ってきついですか?

転職前必読|システムエンジニアの仕事きつい?新3Kでなく魅力的!」の記事で回答しています。結論、きつくないです。きついのは立場的に弱い中小Sierとプログラマさんです。プログラマさん尊敬してます。

【決定版】社内SE・情シスおすすめ転職エージェント厳選5社まとめ

ITにかなり特化した転職エージェントをおすすめの転職戦略と共にご紹介しました。この記事の内容を理解して転職活動を進めることで相当な時間の削減・効率化を実現し転職活動ができます。

時間の余裕は心の余裕に繋がり、質の高い求める転職が出来ると信じています。

本記事でお薦めした転職エージェント

社内SEへの転職活動必ず押さえておきたい
社内SE転職ナビ

信頼と実績のある大手転職エージェントも活用  
社内SE求人数 No1 Doda
社内SE求人数 No2 Recruit Agent

社内SEむけ転職サイト
GeekOut

IT×首都圏特化なら
レバテックキャリア

この記事を読んだあなたにおすすめ

社内SE転職ナビ|徹底分析、口コミ、評判、登録方法まとめ
社内SEに特化した転職エージェントの社内SE転職ナビを徹底分析します。この記事を読むことで、社内SE転職ナビの良い・悪い口コミ、登録方法、その他企業情報等理解できます。