ITの悩みから探す仕事を辞めたい社内SEになりたい!!

【必見】社内SEにおすすめ転職エージェント16選|現社内SE談

ITの悩みから探す
IT従事者
IT従事者

社内SE/情シスの転職におすすめの転職エージェント/サイトが知りたい!!
大手総合転職エージェントでコンサル提案され転職活動難航してる

と言った疑問・不満に答えます。

本記事で、社内SE/情シスの転職におすすめの転職エージェント見つけることができます。SEの転職活動を上手く進めるポイントは、社内SE・情シス分野の専門性が高いエージェント・サイトを上手く使う事です。

SE/ITの専門性の高いエージェントの活用で
・あなた(IT人材)の価値を適切に評価できる
→推薦を上手く企業にしてくれる確率が上がる
・適正に応じた中身のある求人を紹介してもらえる
エージェントとの会話の質をあげる
といったメリットがあります。

例えば、以下の写真です。知らない人には評価もできないただの石ころです。

世界最大のダイヤモンド原石
https://jp.sputniknews.com/life/202001167018724/

なんと、、ルイ・ヴィトンが購入した推定5000万ドル=約50億円で落札したダイヤの原石です、、、驚。

転職もこんな感じで、IT人材の価値が分かる専門家(転職エージェント)だからあなたの実力・能力・価値を評価ができます

専門性のない転職総合大手にふらふら~と登録して時間を浪費はやめましょう。

本記事で詳しく解説しますが、結論、以下3社が特におすすめです。

✓業界唯一の社内SE専門転職エージェント 社内SE転職ナビ
✓ITも強い転職総合大手         doda
*20代の方はあわせて活用おすすめ    マイナビ IT AGENT

本記事で、
・社内SE・情シス向けのエージェントの選び方・考え方
・各転職エージェントの特徴と口コミ(実体験あり)
・社内SE・情シスへの転職のアドバイス

を分り易く解説していきます。

✔記事の信ぴょう性

グルー
グルー

SE歴15年です。過去3回転職しています。現在は一部上場企業の社内SE管理職です。

本記事で解説する転職方法・考え方で、キャリア、年収共に大幅アップに成功しています。一番は、転職活動の時間効率化に成功できています。

参考にしていただき素敵な転職活動ができればと願います。

  1. 結論:社内SE・情シスに特化したおすすめ転職エージェント
  2. 社内SE/情シスに「おすすめの転職エージェントを選ぶ」考え方
    1. 転職エージェントの信頼度
    2. 転職エージェントの社内SE/情シス関連の専門性
    3. 社内SE/情シス系の求人数
  3. おすすめ1位 業界唯一の社内SE・情シスに専門エージェント【社内SE転職ナビ】
    1. 社内SE転職ナビのネットの口コミ
    2. 転職活動に合わせておすすめ便利なツールの紹介
  4. 第2位 転職大手 doda
    1. Doda利用者の口コミ
  5. 第3位 マイナビIT
    1. マイナビエージェントの口コミ
  6. 第4位 レバテックキャリア
    1. レバテックの特徴
    2. レバテックキャリア利用者の口コミ
    3. ちょっと違った視点での魅力
    4. 第5位 転職大手 Recruit Agent
  7. 自分でも求人を探したい人におすすめの転職サイトは?
    1. リクナビNEXT
    2. Green
  8. ITの特定の領域に特化したおすすめ転職エージェント
    1. 高年収・好待遇に特化【TechClipsエージェント】
    2. ベンチャーへの転職なら Graspy
    3. PRO人
    4. コンサルティングに特化【AXIS(アクシスコンサルティング)】
    5. ゲーム業界の転職におすすめエージェント:Tech Stars Agent
    6. 先端技術・イノベーションに強い:Kaguya
    7. WEBエンジニア・転職総合 ワークポート
    8. 女性の為の転職エージェント ウーマンウィル
    9. 女性の転職支援に定評 パソナ
  9. 現役社内SEが語る、社内SE・情シスの転職で知っておきたいコツ
    1. キャリアコンサルタントの力量をチェックしよう
    2. 企業の業績もチェックしよう
    3. 転職会議で企業の情報をリサーチしよう
  10. 情シス・社内SEへの転職に関する質問
    1. IT初心者でも情シス・社内SEになれますか?
    2. 社内SEとシステムエンジニアどっちがお勧めですか?
    3. 社内SEの仕事ってきついですか?
  11. 転職はタイミングが命。チャンスを逃すな!
  12. 【必見】社内SE・情シス転職エージェント16選【おすすめはどこ?】まとめ

結論:社内SE・情シスに特化したおすすめ転職エージェント

本記事で解説する全16社のリストです。おすすめTOP3は以下赤字です。

おすすめ度専門分野/特徴転職エージェント
5.0業界唯一の社内SE専門エージェント社内SE転職ナビ
4.0転職大手+Sierも検討中におすすめdoda
3.020代~30代の転職におすすめマイナビ IT AGENT
1.0ITエンジニア+首都圏に強みレバテックキャリア
1.0転職総合リクルート
1.0女性の転職におすすめパソナ
1.0転職総合サイトリクナビNext
1.0転職総合大手ワークポート
特化型WEB・ゲーム関連に強みGeekly
特化型ベンチャー転職におすすめGrapy
特化型年収アップを狙いた人におすすめTechClipsエージェント
特化型イノベーション領域に強みKaguya
特化型女性の転職におすすめウーマンウィル
特化型コンサル転職におすすめアクシスコンサルティング
特化型ゲーム業界の転職Tech Stars Agent
特化型ITのキャリア相談が強みPRO人

社内SE/情シスに「おすすめの転職エージェントを選ぶ」考え方

社内SE/情シスに「おすすめの転職エージェントを選ぶ」考え方

どういった基準で「社内SE/情シスにおすすめの転職エージェントを選ぶべきか?」から解説していきます。

選ぶ際の軸は、

・転職エージェントの信頼度
・転職エージェントの社内SE/情シス関連の専門性
・社内SE/情シス系の求人数


この3つの軸で、社内SE・情シスに特化した転職エージェントを厳選することで時間効率を最大化できます。

転職エージェントの信頼度

厚生労働省によると、(2018年時点)民間の職業紹介所は、20406事業所が存在します。途方もない数字です。

よくCM・電車の広告等で耳にする転職エージェントだけでも44社です。(以下図)

出所:CARRIER INDEX

これだけ沢山の転職エージェントがありますが、沢山登録しても意味がありません。

理由は、
沢山登録しても結局同じ求人の提案をもらう
沢山のエージェントとのコミニケーションは煩雑になり転職活動の質が下がる
からです。(昔は手あたり次第登録して失敗しました)。

ですので、沢山登録ではなく3社くらいに厳選して登録がおすすめです。

どこに申し込むべきか?

考え方は、求人している企業の目線で考えると答えが出ます。

転職活動の目的は、申し込むことではなく、転職することです。ですので、そのカギとなる面接までこぎつける確率を上げる必要があります。

面接官としての経験からコメント

グルー
グルー

信頼のある転職エージェントからの推薦は取り合えず会ってみます


・無名の転職エージェントは、そもそも(大手と)コネクションがありません

ITエンジニアの転職で知名度+口コミ+実績がある転職エージェントを活用し、面接を申し込みんだ方が断然面接確率を上げることが可能です。

面接官は、沢山のエージェントから、毎日この方どうですか?と提案されていたら時間が足りないので大抵コミニケーションする相手を絞ってます。

IT関連の転職エージェントのある程度の知名度=信頼性で絞る必要があります。

転職エージェントの社内SE/情シス関連の専門性

信頼のあるエージェントならどこでもいいのか?というと、それではまだ絞りが足りません。

ITエージェント信頼性の次は、転職エージェントを【総合=一般求人】と【IT特化】で分類し絞り込んでいきます。

転職エージェントのIT/SE専門性

転職エージェントさんにも様々な専門領域があります。IT専門もしくはITも結構取り扱う総合大手転職エージェントとなると上記くらいに絞ることができます。

転職エージェントの専門性が重要な理由:1回目の私の就職失敗談

大手総合転職エージェント〇〇〇〇〇〇を活用しました。当時、私の担当は、IT専門外のかなり人当たりの良いエージェント歴10年以上のベテラン

担当エージェントは、企業の伸び、社長の人柄、年収、職場環境からお勧め企業を提案。

就職してみると、IT企業とは名ばかりの地場企業の御用聞きのなんでも屋。。。

振り返ってみるっと、ITに精通していない転職エージェントさんに、
ローカル企業の開発力の無さ
社内SEとして仕事内容の妥当性
・まして、システム開発方法論、管理体制の良しあし。。

こういったITの話がIT素人に分かるわけがありません。。。

グルー
グルー

あたりまえ、この当たり前にきづかなかった。。。涙

社内SE/情シス系の求人数

転職エージェントを選ぶ際は、さらに求人の量もある程度は重要です。大手総合と他IT専門のエージェントを比較すると求人数で圧倒的に大手総合の方が多いです。

しかし、大手総合は製造業も経理も医師も含んだ数字なので「社内SE/情シス」の求人数で比較が必要です。

企業信頼度×転職エージェントの専門性×おすすめの順に転職エージェントを並び替え結果

*下記の「社内SE求人数」の数字は、実際にそれぞれのサイトに訪問し、検索窓で【社内SE】で検索した件数をご紹介しています。

ここまでの企業信頼性・専門性・求人数で並び替えた結果です。この後1社づつそれぞれの企業の特徴を解説していきます。その特徴加味しご自身に合う転職エージェントを選んでください

おすすめ度専門分野/特徴転職エージェント社内SE求人数求人数総数
5.0業界唯一の社内SE専門社内SE転職ナビ11476500
4.0転職大手+IT求人も充実doda5752151260
3.020代~30代に強みマイナビ IT AGENT184711400 (内非公開5400)
1.0ITエンジニア+首都圏レバテック5033900 +非公開
1.0転職総合リクルート3852203496
1.0女性の転職パソナ1636583
1.0転職総合サイトリクナビNext93827000
1.0転職総合ワークポート75627400
特化型WEB・ゲームGeekly3018800(内非公開1万)
特化型ベンチャー転職Grapy132
特化型高年収求人TechClipsエージェント1146000 (内非公開4500)
特化型イノベーション領域Kaguya
特化型女性の転職におすすめウーマンウィル
特化型コンサル転職アクシスコンサルティング
特化型ゲーム業界の転職Tech Stars Agent
特化型ITのキャリア相談PRO人

1社づつ特徴をご紹介していきます。

おすすめ1位 業界唯一の社内SE・情シスに専門エージェント【社内SE転職ナビ】

選ばれて10年。エンジニアの気持ちが分かる転職エージェントは【アイムファクトリー】

おすすめ度:5.0

一押しの理由
・DODAとマイナビITとは違いSESの求人を提案しない
実際に使った時に担当の対応も本当によかったです

社内SE領域に特化したエージェントのためエージェントの専門性、我々の課題も理解してくれるエージェントでした。大手とは違い機械的なマッチングはせず、一人ひとり面談で転職者に寄り添った支援・提案してくれるのも魅力です。優しかったです。

特にこんな人におすすめ


一般的な大手総合エージェントの社内SEの求人は8割くらいの求人は客先常駐ですが、社内SE転職ナビは、「社内SE」・「社内開発」を専門に扱う転職エージェントです。

同僚等で大手使ったけど、結局大手コンサル提案されもう転職活動疲れた、、、という方かなりいます。社内SEがしたい事とSier SEがしたい事同じに見えますが全然違う、、、この違い素人エージェントにはわかってもらえないんですよね・・・

注意点

転職エージェントにノルマがありません
他エージェントとは違いうっとうしいフォローをしてきません。
・あなたのペースで転職活動ができます
*個人的には、すごく好きです。

一方、折角やる気になって申し込んでも、まったり転職活動もできてしまうので、転職の情熱を冷まさないように初回の面談日くらいはしっかりと段取り活動がおざなりにならないようにしましょう

社内SE転職ナビのネットの口コミ

あまり、aimfactoryの社内SE転職ナビってメディアで聞かないけど、信頼度は大丈夫?

と言った疑問にも答えます。口コミからも、専門性の高さと使い勝手の良さが感じられます。

20代 プロマネ:
エージェントの専門性が高い。よかった点は、転職を焦らせず親身


Twitterの声:
レバテック・Dodaよりかは専門性高めなので、最初のやつとしてはいいと思いますよ


30代事業会社:
自分で認識していなかった強みを気付かさせてくれ年収アップできた

社内SE転職ナビ

他エージェントに比べ知名度は、若干低めですが10年以上創業している企業です。

会社名 アイムファクトリー(aimfactory)株式会社
設立  2008年7月8日
資本金 15,000,000円

働く従業員の満足度が高いのも魅力です。口コミにネガティブなコメントは有りませんでした。快適にお仕事できる環境=いいサービスをあなたにに提供可能な要因です。

出所:転職会議

ちなみに、転職まだ考え中の人におすすめは「カジュアル面談」です。
カジュアル面談
→社内SEについて聞きたいことがある、転職するか決めていない 、情報収集中、とりあえず情報収集を開始したい、社内SEの質問がある場合

キャリア面談
→社内SEを視野に入れて転職活動中、理想の職場環境の企業があるか知りたい、既に転職の意思が固まっていたり、希望条件のイメージをお持ちの方

公式サイト:社内SEの待遇や年収を知りたい方は【社内SE転職ナビ】

✓あわせておすすめ記事
アイムファクトリーの代表にサービスの裏側のインタビュー
社内SE転職ナビよかったです。利用した体験談+口コミ・評判まとめ

転職活動に合わせておすすめ便利なツールの紹介

もちろん、転職エージェントを通していろいろな情報は仕入れれますが、合わせておすすめが以下のサイトです。

企業情報収集に便利なツールは転職会議です。

国内最大級100万件以上の転職口コミサイトで、転職エージェントの活用と合わせて利用することで巷での評判・口コミをリサーチ出来て便利です。

例えば、参考までにアクセンチュアの口コミを覗いて見ると、3948件と凄まじい数です。

アクセンチュアの口コミ

公式サイト:【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

第2位 転職大手 doda

おすすめ度:4.0

社内SEの求人数で他圧倒しているのが転職総合大手DODAです。

個人的なおすすめは、社内SE転職ナビとDODA並行活用で量と質カバーできるのでこれでほぼOKとおもいます。心配な方は、第3おすすめのマイナビの登録もおすすめです。理由は、Sier SEの求人数が圧倒的に多いからです。社内SEだけに絞り込みたくない方や20代の方には特にマイナビITがおすすめです。

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

DODAの魅力は、

転職エージェントとしての質の高さ
転職サイト(自分で求人検索)としても活用でる


点です。

情報の量とエージェントの質に定評です。
*社内SE転職ナビでは首都圏を中心にカバーしていますが、地方の求人では圧倒的にDodaに軍配があがります。

個人的にお薦めは、DODAは登録後自身の「年収査定」です。活用してみてください。

転職者満足度は堂々のNO1です。

Doda利用者の口コミ

大手なので致し方ないですが、はずれの担当者がいる場合の口コミもあります。その場合は、WEBで担当変更もできます。

公式サイト:doda

第3位 マイナビIT

おすすめ度:4.0

*社内SE転職ナビは、SE経験者向け
マイナビITは
20代~30代の方
・システムエンジニアにも興味のある方
におすすめ

SEと社内SEの求人数両方で見たときに、マイナビITとDODAは断トツです。

*リクルートは件数は多いのですが、WEB系もアプリ系もごっちゃになっているのででランキング外にしています。

又、社内SEだけではなく転職を考えたい人にもおすすめのマイナビのIT系の求人比率は以下です。

マイナビのIT系の求人比率
出所:Career-theory

マイナビITの特徴
1.国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだから企業信頼度抜群
2.大手なので全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプ
社内転職ナビは、首都圏は強みがありますが、地方ではマイナビITの方が強みがあります。マイナビITのサポート地域は、
首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)
関西圏(大阪、兵庫、京都)
中部地方(愛知・静岡)
北海道(札幌市中央区)
福岡(福岡市博多区)
3.IT業界出身のキャリアコンサルタントが在籍。大手なので優秀なエージェントが在籍

マイナビエージェントの口コミ

TWITTERでの声:
転職で使ったエージェント ※IT、クリエイターに特化
・ギークリー
・マイナビクリエーター
・アデコSpring
・パソナキャリア
とくにマイナビのサポートが良い。求人も自分と合ったの選んでくれる。
大手のリクルートエージェント、DUDAは合わなかった。求人数多いけど、業界特化型が使いやすかった

TWITTERの声2:
大手企業の非公開求人を沢山持ってるのは…やはりリクナビ、マイナビですね。パソナキャリアとアデコは老舗企業の求人多め。ギークリー、type、ワークポートはITに強い。エージェントめぐり、半分趣味も兼ねてやっていたが大変だったな。。。

TWITTERの声3:
転職エージェントは業界特化系の以外は使わない方がいいと思う。マイナビとか専門エージェント在籍でITに強い!とか広告出してといて実際面談したらJavaとJavaScriptの区別すらつかないというネタを体現したような酷いエージェント出てきたし…

マイナビとマイナビITはサービス違うので注意が必要ですね。

みなさん、業界・業種特化をすすめてますね。ただ、担当エージェントで合うあわないはありますね。

キャリアアドバイザーの変更も可能(変更方法は)

担当者を変更するためには、担当者に直接メールか電話で担当変更を申請します。

大手なので、いいエージェントに出会わなかった際に変更できるのも魅力です。

公式サイト:IT業界の転職ならマイナビ IT AGENT<ご登録無料>


第4位 レバテックキャリア

おすすめ度:3.0

第4位はレバテックキャリアです。ITエンジニアに加え・Web系エンジニア・クリエイターも取り揃えるエージェントです社内SEのみならず、システムエンジニアに興味がある場合は登録がおすすめです。

レバテックの特徴

理由は、レバテック充実のサポート内容です。

①レバテックのキャリアアドバイザーはじっくりと相談に乗ってくれる
→初回面談で90-120分のヒアリングで徹底的に応募者のニーズ理解
→「あまりたいしたことやってないと感じる」・「自分の強みが分からない」みたいな人におすすめ

②面談対策や職務経歴書の添削サポートが充実

③コンサルタントのIT知識+業界知識 *年間3000の現場訪問で情報収集

結果、レバテックは「ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1」にも選ばれる人気のエージェントサービスです。※日本マーケティングリサーチ機構調べ

レバテックキャリア利用者の口コミ

TWITTERの声:
こうして考えると、一般的な転職ならdodaとか大手転職キャリアを使い、SEとしての技術力を高めていきたいなら、レバテックキャリアが良さげだね。正直、後者で紹介された先端技術を扱うITベンチャーはちょっと心惹かれたw。

TWITTERの声2:
結構エージェント登録しましたけど、エージェントのおすすめは、
・doda
・マイナビエージェント
・レバテックキャリア
この辺ですね
でも、求人内容は8〜9割は被ってます。
いい担当者に出会えるかも運なので、複数エージェント登録するのがいいかも
無料ですし

第4・5で転職総合大手のDODAとリクルートをおすすめしていますが、社内SE特化の転職活動であれば、ここまで紹介した3社で絞っても問題ないとおもいます。

TWITTERの方の声にもあるように、沢山登録しても結局被ってくるので。

ちょっと違った視点での魅力

また自己研鑽のサポートとしてオンラインプログラミング学習「Progate」が半年間無料でご利用いただけます。

公式サイト:将来のキャリアに不安なら【レバテックキャリア】

第5位 転職大手 Recruit Agent

おすすめ度:2.0

国内最大手の転職エージェントです。リクルートも同様でDODA同様に社内SEだけではなく異業種への転職も視野に入れたい人におすすめです。

DODAとリクルートは、社内SE・IT特化というわけではないので、専門性を求める人にとっては情報過多になる可能性がありますので注意が必要です。

一方大手の強みとしては、

求人数は全国No.1。サポートが丁寧で、リクルートエージェントを利用して転職に成功したとの声多数。

求人数約9万8,000件で、主要な大手総合転職エージェントの中で圧倒的第1位。また、幅広い求職者に対応していると高評価。


キャリアアドバイザーのヒアリングが丁寧で、自分に合った求人を提案してくれると好評。

ヒアリングやサポートが丁寧との声がある一方、キャリアアドバイザーによって対応に差があり、希望条件に合わない求人を紹介されるケースもあるとの声も。

Career Theory

公式サイト:リクルート

自分でも求人を探したい人におすすめの転職サイトは?

正直あまり社内SE/情シス向けの転職サイトはありません。ですので、大手のリクナビ・もしくは、先ほどご紹介したDODAがおすすめです。そのほかにもIT系で言うとGREEN等ありますが、どちらかと言うとWEB系向けなので使えません。

リクナビNEXT

求人サイトといえば、求人数が最大+使い勝手のよいのがリクナビNEXTです。自分で検索だけではなくスカウト機能もあり非常に便利です。

出所:Carrier Theory

【公式URL】リクナビ

Green

WEBエンジニア系の求人が多い印象です。

公式サイト:GREEN

ITの特定の領域に特化したおすすめ転職エージェント

高年収・好待遇に特化【TechClipsエージェント】

ハイクラス転職と言えば、ビズリーチなどがあげられますが、ITに特化したハイクラス転職のエージェントでお薦めは、「TechClip」です。(コンサル向けは「アクセスコンサルティング」です)

TechClipエージェントは、自社サービスを持つ事業会社の求人+確実に年収アップを狙いたい人に向いています。求人の82%以上が500万以上の求人です。年収アップ率93%というデータが、エージェントの営業力を裏付けています。

公式サイト:ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】

ベンチャーへの転職なら Graspy

ベンチャーへの転職なら Graspy

今後目を離せない成長ベンチャーの厳選された求人が揃っています。 そういった企業様と、今後会社と共に大きく成長していく熱量のある人とのマッチングの場を提供しています。

スタートアップ・ベンチャーの圧倒的成長環境で「幹部候補・CxO」を目指す20~30代前半のチャレンジ精神旺盛な方におすすめです。

公式サイト:キャリアアップをするならGraspy

PRO人

新宿と秋葉原に拠点のあるIT職種・業界に完全特化したエージェントです。セールスポイントは、キャリア相談の品質が強みです。コロナ禍なのでリモートで面談できてしまうのであまりセールスポイントにうまみがない気がします。首都圏なら、社内SE転職ナビの方が断然おすすめですし。。。

公式サイト:PRO人

コンサルティングに特化【AXIS(アクシスコンサルティング)】

コンサルティングファーム中心のIT案件に強みのあるのが、アクシスコンサルティングです。BIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)やアクセンチュアなど総合系コンサルティングファームの転職に強いエージェントです。

社内SE・情シスをしていると相当コンサル系のオファーは来ると思います。もし、その道でベストを選びたい!と考えているのであればおすすめです。

公式サイト:コンサル業界の転職ならアクシスコンサルティング

ゲーム業界の転職におすすめエージェント:Tech Stars Agent

ゲーム業界の転職におすすめエージェント:Tech Stars Agent

ソーシャルゲーム業界のエンジニア職に特化した転職サービスを提供しているのが、Tech Stars Agentです。SEの開発や、社内SEとは文化の違うゲーム業界です。餅は餅屋で、特化したエージェントで効率的に転職活動がお薦めです。

Tech Starの特徴
・エンジニア経験のあるコンサルタントのみ担当!
・IT・WEB・ゲーム業界特化の専門エージェント
・転職だけでなく、独立の支援も行っています
・エンジニア限定イベントへのご招待も!

公式サイト:IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

先端技術・イノベーションに強い:Kaguya

先端技術・イノベーションに強い:Kaguya

ユニークな専門領域を持つのが、Kaguyaです。先端技術・イノベーション領域に強い転職コンサルティングサービスが特徴です。最先端の技術にチャレンジしたい人は是非活用したいエージェントです。

【公式URL】https://www.kaguyajob.com

WEBエンジニア・転職総合 ワークポート

WEBエンジニア・転職総合 ワークポート

もともとは、社内SEなどのITに特化していたのですが、最近ではWEBエンジニア等総合転職エージェントに方針転換しています。ですので、あまり社内SE特化としてはおすすめしていません。

【公式URL】https://www.workport.co.jp/

女性の為の転職エージェント ウーマンウィル

女性の為の転職エージェント マイナビWII

「女性の働きやすさはどうなの?」「育休、産休はちゃんと取得できるのか?」といった、女性ならでは、視点を相談しながら転職活動をアシストしてくれます。女性に寄り添った転職エージェントです。

公式サイト:女性の転職なら女性キャリアコンサルタントによる人材紹介サービス『WomanWill』

女性の転職支援に定評 パソナ

女性の転職支援に定評 パソナ

エージェントがものすごく親身で転職活動時は毎回相談させていただいております。エージェントが業界にも精通しており、トレンド・求人情報収集にも活用できます。扱っている案件も幅広く登録しておいて安心です。

公式サイト:キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

現役社内SEが語る、社内SE・情シスの転職で知っておきたいコツ

・キャリアコンサルタントの力量チェック
・あなたの為を思ってくれるエージェントは一握りを理解しよう

キャリアコンサルタントの力量をチェックしよう

社内SE・情シスへの転職で気を付けるべきことは、有能なエージェントでないとあなたの経歴にあった仕事を提案できません。

つまり、時間の無駄が発生します。(運も重要)

とはいえ、時間の無駄を省くコツがあります。

お勧めの方法は、エージェントとの会話で出来るだけ【遠慮なくあなたのスキル等具体的に会話することです。転職エージェントにITの専門性・知見があればあなたとの会話はスムーズに進みます。素人と感じたらエージェントを切り替えましょう。大手であれば、リクエストすればエージェントチェンジをしてくれます。

企業の業績もチェックしよう

企業の業績もチェックしよう

企業の雰囲気も当然業績に左右されます。足元がしっかりしているのかは、IRBANKでチェックがお薦めです。過去からの企業業績の推移を簡単に見ることが出来ます。

転職会議で企業の情報をリサーチしよう

転職会議で企業の情報をリサーチしよう

エージェントから企業の情報収集と並行して行いたいのが、働く人の声の収集です。転職会議は、国内最大級100万件以上の転職口コミ情報を見ることが出来ます。

情シス・社内SEへの転職に関する質問

システムエンジニア・社内SEへの転職に関する質問

IT初心者でも情シス・社内SEになれますか?

勿論可能です。

なぜ言い切れるのか?

私の部署でも採用してます。

経験も大事ですが、ITは日進月歩、結局学ぶ意欲が大事です。

社内SEとシステムエンジニアどっちがお勧めですか?

こちらの記事、「徹底比較|社内SE/Sier SEの違いは?【求人倍率・年収・スキル】」を参考に、仕事・給与の違いを認識しあなたに合った職種を選びましょう。

個人的には、社内SEとシステムエンジニア?で悩むのではなく、あなたのしたい事をどっちで達成できるかで選んでいただきたいです。

よりITを活用してビジネス貢献に興味がある人には、(特に大手の)社内SE/情シスが向いています。私もこのタイプです。

社内SEの仕事ってきついですか?

社内SE/情シスの仕事って具体的にどんな感じなの?と言う疑問に「社内SEって『やめとけ?大変?楽?きつい?』の記事で詳しく解説しています。

転職はタイミングが命。チャンスを逃すな!

転職はタイミングが命。チャンスを逃すな!

国内の求人を見ると、安定して求人が増えているのはIT関連だけです。転職においても他業種比較で非常に魅力的です。ですが、転職は結局マッチングでタイミングも非常に重要です。

そのタイミングを逃さない為にも、早めにエージェントと会話をはじめ準備をおすすめします。イメージ就職して3年目くらいまでには履歴書を一度書き上げ、今後どういうことをしたいかの整理→転職エージェントに今後の選択肢を含め一度ヒアリングをおすすめです。

3回目の私の転職時のエピソード

グルー
グルー

(お世話になった50代の方へ挨拶)今後XXXの理由で転職するんです!

転職は出来るときにしておいた方がいいよ。。。出来なくなる前に

彼は、自分がもう今の企業から転職出来ないと嘆いているように聞こえました。

世間の声も同様ですよ。

素敵なポジションはほど直ぐに決まってしまうので、早めの早めの行動で準備がおすすめです。

私の転職もいずれの場合も、転職活動していない時期に不意にものすごい魅力的な案件を転職エージェントから提案してもらうケース結構ありました。

速く行動ではなく、早く行動する事で機会損失を防ぎましょう

【必見】社内SE・情シス転職エージェント16選【おすすめはどこ?】まとめ

ITにかなり特化した転職エージェントをおすすめの転職戦略と共にご紹介しました。

この記事の内容を理解して転職活動を進めることで相当な時間の削減・効率化を実現し転職活動ができます。

時間の余裕は心の余裕に繋がり、質の高い求める転職が出来ると信じています。

本記事でご紹介した転職エージェント

おすすめ度専門分野/特徴転職エージェント社内SE求人数求人数総数
5.0業界唯一の社内SE専門社内SE転職ナビ11476500
4.0転職大手+IT求人も充実DODA5752151260
3.0社内SE+20代~30代マイナビIT184711400 (内非公開5400)
1.0ITエンジニア+首都圏レバテック5033900 +非公開
1.0転職総合リクルート3852203496
1.0女性の転職パソナ1636583
1.0転職総合サイトリクナビNext93827000
1.0転職総合ワークポート75627400
特化型WEB・ゲームGeekly3018800(内非公開1万)
特化型ベンチャー転職Grapy132
特化型高年収求人TechClipsエージェント1146000 (内非公開4500)
特化型イノベーション領域Kaguya
特化型女性の転職におすすめウーマンウィル
特化型コンサル転職アクシスコンサルティング
特化型ゲーム業界の転職Tech Stars Agent
特化型ITのキャリア相談PRO人

この記事を読んだあなたにおすすめ

社内SE転職ナビよかったです。利用した体験談+口コミ・評判まとめ
社内SE転職ナビっていいの?悪いの?社内SE転職ナビの口コミ・体験談を知りたいと言った疑問に答えます。私も転職活動で実際に利用させていただ...
この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪
✓書いた人

記事を読んでいただきありがとうございます!

ITエンジニアを応援しているグルー(@/it_compass_guru)です。

略歴(米にてSE/ITコンサル→大手ECの社内SE)実績(グローバルERP刷新・及び15か国展開、MDM・生産管理・WMS・CRM開発)社内SE講師として100名弱指導。

Twitterで記事の更新連絡や「システム開発×ITの転職」の情報受け取ることが出来ます。

IT Comp@ss 社内SEブログ
タイトルとURLをコピーしました