ITの悩みから探すトレンドを知りたい

Googleフォト無制限終了。焦る必要なし!おすすめ代替案とは?

ITの悩みから探す

Googleフォトの無制限終了。。。困ったー

どんな対応が必要なの?

他のサービスに乗り換え必要なの?

と言った疑問に答えます。

今まで、写真のバックアップを自動的にGoogleフォトに依存していた人にはかなりショッキング。。。どんなアクションが必要か分かり易く解説していきます。

本記事を読むことで、
・過去のGoogleフォトの写真をどうこうしなくていい事
・2021年6月以降に利用を検討したい写真のバックアップサービス
を理解できます。

以下読み進むことで、やばい!今すぐにGoogleフォトから移行しなきゃ!!っていう焦りからは解放されましょう。

結論です。

・Googleフォトの6/1から15GBまでの利用開始。でも、3年くらいは切り換えずに大丈夫
今すべきことは過去の写真を保存していない人は急いで無料でバックアップ

Googleフォトの代替案は沢山ありますが、
お薦めは、
Amazon Prime ←Amzonで買い物するならこの機会に
Google One ←エンタメ・オンラインショッピングにこだわりなしなら
この2つのいずれかです。

本記事で詳しくここら辺の根拠と将来の代替案のおすすめを紹介していきます。

読み進める上でのポイント:

①写真だけでなく重要なのは、動画を含む保存容量
②コスパを見るなら家族を含み割安か?の検討も必要

ここら辺も分り易いようにコメントを入れていきます。

過去のGoogleフォトの写真は今すぐどうこうしなくてOK

過去のGoogleフォトの写真は今すぐどうこうしなくてOK

まずは、焦ってGoogleフォトからAmzonPrimeにしなきゃ!とか慌てていただきたくないので安心材料から紹介します。

Googleフォトの代替は焦る必要はない=理由はGoogle公式文章から

Googleフォトで6/1以降も使える15GBの到達目安は?

Googleフォトの代替は焦る必要はない=理由はGoogle公式文章から

色々なニュースでGoogleフォト終了の悲報が語られています。Google公式文章から情報を確認します。

All existing High quality photos and videos won't count towards your storage
出所:Google公式ブログ

Googleのブログの中で以下のように公表しています。

Starting June 1, 2021, any new photos and videos you upload will count toward the free 15 GB of storage that comes with every Google Account or the additional storage you’ve purchased as a Google One member. Your Google Account storage is shared across Drive, Gmail and Photos

中略

Any photos or videos you’ve uploaded in High quality before June 1, 2021 will not count toward your 15GB of free storage. This means that photos and videos backed up before June 1, 2021 will still be considered free and exempt from the storage limit

https://blog.google/products/photos/storage-changes/

Googleフォト終了の公式文章からポイント抜粋(太字部分)

Googleフォトの無料提供の終了が2021年6月から。それ以降は、15GB までは無料で利用OK

②15GBの制限はGoogle drive, Gmail Photoで共通

2021年6月以前に保存された写真・動画(High quality)は15GBの制限対象外

→大事!!!
急いで過去の写真の移行をしなくてもOKです。
さらに、別サービスに切り替えたとしても、割り切れるのであればGoogleフォトにそのまま過去の写真残しておいて利用も可能です。(私はこのタイプ)

注意事項:

重要なので繰り返し。

そんなに焦って移行を考える必要はない
・21年6月までに保存されたらそのまま使えるので、過去の写真はそのまま使えるので一旦安心しましょう

ちなみに、写真のバックアップはそんなに急ぐ必要ないですが、もしIphone・Ipad自体のバックアップ管理をきちんとしたい人・やってない人はDear Mobみたいなアプリできちんと管理しておくことをおすすめです。

Googleフォトで6/1以降も使える15GBの到達目安は?

以下のGoogle公式文章によると、

 And once this change does take effect on June 1, 2021, over 80 percent of you should still be able to store roughly three more years worth of memories with your free 15 GB of storage. As your storage nears 15 GB, we will notify you in the app and follow up by email

・8割の人は15GBの到達には3年くらいかかる
・15GBの制限に近づいたらメールで教えてくれる

と言っています。

とはいえ、心配という方は、「Personalize Estimate」からどれくらいであなたのGoogleアカウントがいっぱいになりそうか予想できます。確認しておけばますます、一安心です。

ご自身の現在の容量は、「https://one.google.com/storage」のリンクで確認できます。

言い換えると、重要!!6月までにまだ保存していない写真がある場合は急いだほうがいいです!

Googleフォト終了に伴う代替案の選択肢とお薦めは?

Googleフォト終了に伴う代替案の選択肢とお薦めは?

取り敢えず、大丈夫はわかった!
でも、ぎりぎりになって、大切な動画・写真が保存されない!
とかならないように準備したい!

といった、疑問にここからは解説していきます。

2021年6月以降におすすめの写真バックアップサービスの選択肢

選択肢としては以下があげられます。

①Google One ②Dropbox
③iCould
④Amzon Prime
⑤NAS
⑥海外のクラウドストアレージ

今どきハードドライブの破損リスクのあるNASは選択しとして無しかなと思います。⑥の海外のストレージにも興味ある方には以下の選択肢もあります。しかし、写真保存の最大の敵は、その企業がサービスを終了してしまうリスクです。

NOプロバイダー無料ストレージ
1pCloud10GB
2グーグルドライブ15GB
3ドロップボックス2GB
4Amazon クラウドドライブ5GB
5OneDrive Basic5GB
6iDrive5GB
7Sync.com5GB
8iCloud5GB
9Box10GB
10MEGA50GB
11ジャンプシェア2GB
12Yandexディスク10GB
13MediaFire10GB
14アリババOSS5GB
15HiDrive5GB
16同期性10GB
17Degoo100GB
18Zoho5GB
19MyDrive512MB
20Bitrix245GB
21FlipDrive10GB
22Flickr1000写真
23ブロンプ20GB
24Icedrive10GB
25Jottacloud5GB
26JioCloud2GB
27Koofr2GB
28グッドクラウド2GB
29ノードロッカー3GB
出所:GCS

とまあ、沢山のクラウドストレージサービスが存在し、迷います。詳細ご覧になりたい方は、こちらのサイトからご覧いただけます。

しかし、選び方は非常にシンプルです。

観点は
①企業の信頼性・永続性
将来的にサービスがなくなるリスクはいりません。あまりにもマイナーは避けたいです。
②それなりの規模
ユーザーが使っている=サービスが信用できる+ちゃんと収益が出ていればサービス・料金自体が将来的に改善される可能性がある
こういった観点で絞ると結局以下に落ち着きます。

選択肢としては、
①Google One
②Dropbox

③iCould
④Amzon Prime
⑤IDrive
に絞り込むことができます。

ちなみに、海外のサイトで紹介されているBEST3は、
Idrive
Pcloud
MEGA

の3つのサービスです。


各種サービスを年額料金で一覧比較

2GB5GB15GB50GB100GB200GB1TB2TB5TB無制限
Google
One
無料2500円3800円13000円
iCloud無料1560円4800円15600円
Dropbox無料12000円24000円
Amazon
Prime

写真のみ
無料4900円
Amazon
Prime

動画こみ
無料13800円27600円69000円
IDrive無料7546
pCloud*10GB
無料
10411円
MEGA無料15636円
*1ドル108.59円で計算

タイプ別のGoogleフォト代替案の選択肢

この情報をふまえると、タイプ別に以下に分類できます。

・無料の内側で使う人はGoogleOneがおすすめ
⇒Pcloudもいい勝負ですが、乗り換えコストも考えるとそのままでいい気がします。

・動画あまりとらない人には、Amazon Primeがおすすめ
⇒他Videoや配送サービスも考えるとコスパ最強

この機会にとにかく大容量を安く使いたい人はIdriveがおすすめ
⇒日本語のサポート無しでもOKな人に向いてます。

以下で1つずつ詳しく解説していきます。

その前に、そもそもどれくらいの容量を見込んで新しい写真バックアップを選べばいいの?も考えます

そもそもどれくらいの容量が必要なの?

Google見解では15GBあれば3年大丈夫とはいっていますが。。。

結論、ヘビーユーザーは年20GBあれば余裕で、ライトユーザーは年10GB,写真をたまにしか取らない人は年5GBでOKなイメージです

Iphoneの標準的な設定だと(参照元:スマホスピタル
写真は、51200枚で64GB (1枚1~1.5MB)
動画は、1066本で64GB (1分動画撮影と仮定。1本60MB)

動画撮影は正直細かく考えると、ビットサイズ・機種などによって保存時のサイズは変わります。が、ざっくり計算します。

1年に週末は53回あります。

毎週末、仮に写真50枚撮影し、動画を5本撮ったと仮定すると、
写真 2650枚=3.5GB
動画 265本=約16GB
3.5GB+16GB=20GB

毎週末はさすがに撮影厳しいと思いますのでヘビーユーザーと思います。もっとライトな使い方であれば、ざっくり半分の10GBでも十分です。(目安)ですので、1年で10GB~20GBが必要な計算になります。

過去のデータ+今後も取り続けると考えると、1TBだと50年持つ計算になります

200GBあれば、5年分なので物足りない気がします。つまり、長く使う場合の選択肢だと、1TB以上の年間費の比較が重要です。

Google OneもAmazon等も家族でシェアできるので自分と妻・主人もあわせても2TB見ておけば十分と思います。家族タイプの場合子供の分もとかありますが、たかがしてているし、彼・彼女たちが大きくなったら自分でサービス選択してもいいのかなと思うので除外して考えました。

つまり、2TBがGoogleフォトの代替案検討に必要なサイズです。


各種サービスを年額料金で一覧比較

2TB5TB無制限
Google
One
13000円
iCloud15600円
Dropbox24000円
Amazon
Prime

写真のみ
4900円
Amazon
Prime

動画こみ
27600円69000円
IDrive7546
pCloud10411円
MEGA15636円
*1ドル108.59円で計算

選択肢としては相当絞り込まれます。

この時点で理解できるのは、海外のサービスも選択肢としてはありますが、2TBで考えるとGoogleOneでいいかな?もしくは、写真だけだしAmazonPrimeでいいや!なのか、めちぇくちゃ活用したいし、PCのバックアップも考えてIdriveに挑戦しようかな?という選択肢です。

Idrive

日本語のサービスは行っていないので英語苦手な人にはむいていません。
5TB 69.50ドルです。

URL:https://www.idrive.com

Google One

100GB 月250円 年2500円
200GB 月380円 年3800円
2TB  月1300円 年13000円
Google フォトで自動保存あり

Amazonであまり購入しない!+あまり写真撮らない!という方には、間違いなくお薦めは、Google Oneです。

iCould iPhoneユーザー

5GB 無料
50GB   月130円 年1560円
200GB 月400円 年4800円
2TB  月1300円 年15600円
自動保存可能 

Dropbox

2GB 無料
1TB  月1000円 年12000円 dropbox plus
2TB 月2000円 年24000円 dropbox Professonal
自動保存可能

写真のバックアップストアレージには向いていなさそうですね。

Amazon フォト


写真無制限 月500円 年4900円 Amazon Prime会員 但し、動画は5GBまで
100GB  月250円  年2490円
1TB   月1300円 年13800円 その後 1TB追加事に13800円 最大30TBまで拡張可能
自動保存可能

Amazon Prime会員費 (月500円  年4900円)

比較してみると、Amazonの圧倒的価格がわかります。これに加え、Amazonの配送サービス、音楽、Videoの付随サービスも受けられるので最強です。

とにかく安く写真のバックアップをしておきたい方は Google One
写真だけ、動画あまりとらない方はAmazon Primeがコスパ最強

Amazonが本当にコスパ最強か?深掘り調査

AmazonPrime+100GBのサービス利用で7470円で一見高額に見えます。

AmaazonPrime利用時の損益分岐点を考えてみました。

考え方は、
・AmazonPrime利用で写真は高画質のまま無制限に保存可能
・動画の保存に100GB 2490円を利用することが可能出
=選択肢の中の最安値

AmazonPrimeの年間費がお得であれば、AmazonPrime会員になりAmazonフォトの利用が最強という話になります。

年数回Amazonを利用される方必見!

Prime会員と非会員では送料に以下の違いがあります。


非会員
Amazonプライム会員
①税込2,000円以上の通常配送無料無料
②税込2,000円未満の通常配送税込350円無料
③お急ぎ便税込360円無料
④当日お急ぎ便税込514円無料
⑤お届け日時指定便(当日)税込514円無料
⑥お届け日時指定便(翌日以降)税込360円無料

よくあるケースで試算します。

購入ケース例←私はこんな感じです。
月1~3回程度パラパラと買い物
ボーナスの時ちょっと大きめの買い物
家族・友達の誕生日ぎりぎりでお急ぎ便で注文
年末年始でカニをお届け日指定で注文

毎月1回程度2000円未満の商品を購入: 350円×12=4200円
③~⑥の宅配サービスを各年1回利用: 360円+514円+514円+360円=1748円
つまり、4200円+1748円=5980円


Amazon Prime年間費 4900円ー5980円で1080円お得です

金額面で楽々ペイします。さらに、その上に定量的には測れませんが、以下のサービスも利用できます。

人によっては、更にうれしい付加価値になるのではないでしょか。

Prime Video
会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題

Prime Music
追加料金なく、200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができる

Amazon Photos
Amazon Driveに写真を容量無制限で保存

Amazonフレッシュ
生鮮食品から日用品まで、まとめてお届けするサービス。対象エリアのみ

プライム・ワードローブ
レディース、メンズ、キッズ&ベビー用の服、靴、ファッション小物の中から対象商品を、購入する前に試着できる

プライム会員限定先行タイムセール
タイムセールの商品を、通常より30分早く注文可能

Prime Reading
対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)を追加料金なしの読み放題で利用可能

Amazon Music Unlimited
Amazonプライム会員は、Amazon Music Unlimitedの月額料金(個人プラン)の割引およびお得な年額料金プラン(個人プランおよびファミリープラン)をご利用可能

ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など(Amazonファミリー特典)
おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになるAmazonファミリー特典をご利用可能

引用元:Amazon

Googleフォト無制限終了。焦る必要なし!おすすめ代替案とは?まとめ

・Googleフォトの6/1から15GBまでの利用開始。でも、3年くらいは切り換えずに大丈夫
今すべきことは過去の写真を保存していない人は急いで無料でバックアップ

Googleフォトの代替案は沢山ありますが、
お薦めは、
Amazon Prime ←Amzonで買い物するならこの機会に
Google One ←エンタメ・オンラインショッピングにこだわりなしなら
この2つのいずれかです。

Googleフォトに依存していた人にとって、突然の無制限終了はパニックです。しかし、この制限の施行されるのは2021年6月からで、大半の方は15GB の制限に近づくまで3年程度必要と考えられています。

早めにバックアップ切り替えておきたい!という方はこの機会に準備を進めてもいいのではないでしょうか。

この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪
✓書いた人

記事を読んでいただきありがとうございます!

ITエンジニアを応援しているグルー(@/it_compass_guru)です。

略歴(米にてSE/ITコンサル→大手ECの社内SE)実績(グローバルERP刷新・及び15か国展開、MDM・生産管理・WMS・CRM開発)社内SE講師として100名弱指導。

Twitterで記事の更新連絡や「システム開発×ITの転職」の情報受け取ることが出来ます。

IT Comp@ss 社内SEブログ
タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedStringException: JSMin: Unterminated String at byte 10090: "http:; in /home/drinqoo/itinfoshop.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:214 Stack trace: #0 /home/drinqoo/itinfoshop.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/drinqoo/itinfoshop.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/drinqoo/itinfoshop.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(e){va...') #3 /home/drinqoo/itinfoshop.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(292): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(e){va...', '') #4 /home/drinqoo/itinfoshop.com/public_html/wp-includes/plugin.php(212): WP_Hook->apply_filters('!function(e){va...', Array) #5 /home/drinqoo/itinfoshop.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(505): apply_filters('autopt in /home/drinqoo/itinfoshop.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 214