ビジネススキル 管理スキル

意外と簡単!仕事が早いと言われている人がやってる手順とは?

ビジネススキル

どうすれば、仕事を早くこなせるの?
早く仕事をこなせるようになりたい。
無駄な仕事に疲弊したくない!

といった疑問や不満に答えます。

結論です。 仕事が早い人になれます。なぜなら、能力の差ではなく手順を知っているか?知らないか?だからです

この記事で、仕事が早いと言われている人が実施している仕事を効率的に取捨選択する考え方と手順を具体的に紹介します。

今日から真似する事で、あなたの仕事スピードを上げる事が出来ます。さらに、この方法で仕事が終わらなくてイライラいする!も解消できます。

スポンサーリンク

「仕事が遅い人 vs 仕事が早い人」の違いは何?

仕事が遅い人と早いと言われている人の特徴を上げて何が違うのか分かり易く解説します。

まずが、仕事が遅い人の特徴です。

仕事が遅い人の特徴

①作業を頑張って入るけどピンとがあっていない
②やり直しが多い
③何をしたらいいか分からず停滞している
結果、仕事が消化できていない、、、溢れる=仕事がおそい

上記の結果として、仕事の遅い人は、様々な仕事を取捨選択することなく受け破滅しています。

次に仕事が早いと言われる人の特徴を見ていきます。

仕事が早いと言われる人の特徴

①終わらせるべき仕事からテキパキこなす
②やり直しが少ない・ない
③やるべきことが明確で迷う時間がない
 結果、仕事が早い人と評価される

仕事を適切にフィルタリングし仕事に溺れません

仕事が早いと言われている人の行動を言い換えると

上記でリスト化した、仕事が遅い人と早い人の①~③の要素を別の言葉で表現します。

① 仕事の整理が的確
② 仕事が丁寧
③ 仕事に無駄がない

つまり、仕事の早さは、スピードではなく、段取りであると結論付けれます。

やるべき仕事の最初の整理が上手で無駄がない=仕事が早いとも言いかえれます

じゃあ、どうすれば仕事が早いと言われる人の様に
仕事を整理しテキパキ仕事をこなせるようになるの?         

仕事の早さを実現する4つの手順

仕事が早いと言われる人が目に見えて動作が早く仕事の整理が上手なわけではありません。

周りの仕事が早い人・出来る人を想像してみて下さい。おじさん・おばさんの方をいらっしゃると思います。身体的動作ではあなたの方が早いのではないでしょうか?

つまり、仕事を早くするためには身体的動作ではなく、思考術が鍵になります。その思考術を実現する為に必要な取捨選択方法は以下の4つです。

仕事を早くこなす4つの手順

  1. やるべき事を識別する
  2. 優先順位をつける 特別にフレームワークを紹介しています
  3. 段取る
  4. 行動する

この1~4の一連の手順を真似する事により仕事が早くこなせています。それぞれ解説していきます、

仕事が早いと言われる人の手順①「やるべきことを識別する 」

仕事には「無視していい仕事 」 と「無視してはいけない仕事 」 があります。この識別が重要です。

あなたへ降り注ぐ仕事の依頼も、無視していいのか?悪いのかを瞬時に識別する必要があります。

詳細は以下の逆算の思考術で書いていますが、要約して「逆算思考」での識別方法を紹介します。

逆算思考で、
・仕事のそもそもの目的を考えます。
・依頼された仕事がその目的達成に必要か?必要でないか?をシンプルに考える

仕事の最終目的に照らし合わせ、それを実現する必要かそうでないか?自問する必要があります。逆算思考はその考えを簡単におこなう思考術です。

さらに関連しあなたに是非知っていただきたい仕事の優先順位の考え方は世界一の投資家のウォーレンバフェット氏の思考です。

トップ5の達成計画を話し合ったあと、バフェット氏は尋ねました。「ところで残りの20についてはどうするつもりだい? 達成するためのプランはあるかい?」 スティーブ氏は自信を持って答えました。「たしかにトップ5が最重要ですが、残りの20も同じくらい重要です。

だから、トップ5を達成する合間に、残りの20についても取り組むことにします。絶対ってわけじゃないけど、それなりの労力は割くつもりです」

するとバフェット氏は、スティーブ氏に驚くほど厳しい口調でこう言いました。「ダメだ。君は間違っているよスティーブ。丸をつけなかったものはすべて『絶対やらないリスト』に入れるべきだ。残りの20個がなんであれ、トップ5を達成するまで一切考えてはならない」

貼り付け元  <https://zinsoku.com/most-important-todo-by-buffett/>

この考え方重要です。

✅合わせておすすめ
逆算思考で課題を素早く解決するやり方【手順あり】

仕事が早いと言われる人の手順②優先順位をつける

優先順位のつけ方にも実はコツがいります。今回ご紹介するのは、タスクを4象限で整理するフレームワークをご紹介します。

詳細の説明は、『【仕事術】タスクを終わす以前に知るべき4つの事』をご覧ください。

✅タスク整理手順ダイジェスト

・やるべきことをリスト化
・リスト4象限にあてはめる
・上段のタスクをいつやるか日付を決める
・右上:「計画的 」 はスケジューラーに登録
・左上:最優先はすぐやる
・下段:やめる

非常にシンプルですが使えます!

✅4象限フレームワークは以下です。

シンプルなタスク管理だからこと、本質であり。さらに、シンプルだからいつでも使えます

この仕事をフレームワークで
整理するプロセスを繰り返すことにより

・結果、プロセスが早くなる
・その結果、仕事の整理が早くなる
・つまり、仕事が更に早くなる

優先順位があるということは、自分の中で何を成し遂げたいかあるという事
それがないということは、他人が決めた人生を歩んでいることに他ならない

ITinfoshop

仕事が早いと言われる人の手順③上手く段取る

仕事をこなす上で段取り力は非常に重要です。仕事でよく以下のような事言いますよね。

やるべき仕事を認知し、取捨選択したら段取る。仕事の基本ですね。

段取り8分。必要な仕事に対して準備

仕事が早いと言われる人の手順④行動力する

最後ですが、一番重要な事は、実行です。どんな優れた計画も実行なしでは何もありません。仕事が早い人は、行動します。考えて終わりません。

以下、成功者の言葉引用します。皆さんステップ④の行動の重要性を強調しています

ダイキンの会長の名言です。

この記事を読んでいるあなたは、成長しようとしている方=実行力のあるかたとおもいます。少なくとも成長しようとこの記事に行き着いたわけですし。

そんな方におススメの言葉が、以下です。

一流の戦略ではなく、1流の行動が大事、は肝に銘じたいですね!

まとめ

仕事が早くできると言われている人は、作業スピードが早いわけではありません。仕事を上手に取捨選択し必要な仕事を上手くこなしています。取捨選択する方法として4つの手順を紹介しました。この取捨選択する方法をあなたのものにすることで確実に無駄な時間を省き意味のある仕事から優先的に仕事をこなし仕事が早いと言われている人になれます。

さらに、同僚に差をつけ成長したい人にお勧めの勉強方法もこちらの記事「グロービス学び放題(グロ放題)のおすすめキャンペーン情報+α」で紹介しています。