もっと稼ぎたい

社内SE・情シス必見|英語でキャリア&年収アップが狙える?実態

社内SE必見|最短でスキルアップ|英語で年収40万増やす方法もっと稼ぎたい

年収を上げたい
英語でキャリアアップ出来るか知りたい

といった疑問に答えます。

現在、大手EC企業で社内SE管理職として活躍しています。面接・採用活動もしますが、ぶっちゃけ英語人材はプレミアムバリューがあるので相場より100万程度高く評価されていると感じます。

本記事で、
・英語で本当に年収が上がる傾向?の調査結果
・ITにお勧めの英語学習方法
・必要な英語力
に関して解説します。

私は、米国で10年生活し且つ、今も仕事で日常的に英語を活用しているので、本当に英語は重宝されているのか?等実体験を交えて解説できます。

ホントに社内SEの年収は英語力で上がるの?

以下の3つ観点で「社内SEのキャリアは英語で年収アップが狙えるのか?」を解説します。

・転職サイトDODA調査結果による英語力と年収の相関関係の証明
・キャリアインデックスによる1000人へのアンケート調査結果
・知り合いにヒアリング結果

転職サイトDODA調査結果による英語力と年収の相関関係の証明

「DODA」の公表している年収調査のデータをによると、英語力が上がると年収が上がるという調査結果を公表しています。

下の図は、横軸にTOEICのスコア、縦に年収を表しています。

右(英語力が上がる)に連れて、年収が上がる傾向を見て取ることができます。

500点台(社内SEの平均年収490万円)の方が、900点台まで英語力を上げられた場合、約70万円年収がアップするという調査結果です。

1つの調査結果だと信用できない、他に証明ないの?

キャリアインデックスによる1000人へのアンケート調査結果

キャリアインデックスが2016年に1,000人の男女を対象に語学力と年収の調査結果が興味深いです。(全職種対象)

調査では、年収別に【英語での日常会話や読み書きができるレベル 】 割合を纏めています

結果、年収別に英語を使える人の割合は、
年収700万円以上=48.7%
年収500万円~700万円未満=34%
年収500万円未満=22.4%

年収700万以上の人の半分が英語を使いこなしているってことは、もはや必須要件ですね。

20代の人の免許所持率が約80%なので、それと比較しても700万円以上の人約50%当たり前に持っているって高い割合を理解できます。

もはや必須要件並みですね。


つまり、職業関係なく「英語を使えるとで年収アップする 」 ということになります。

知り合いに社内SE・システムエンジニアの英語必要性をヒアリング実施

念のため、一部上場企業で働く管理職の人にヒアリングも実施しました。

結果は以下でした。

・同じスキルでも、英語が出来たら100万くらい高い傾向じゃん
・グローバル人材はどこでも取り合いだからしょうがないでしょ
・プライスレスだよ

英語使える人が年収高いってホントそう

「英語を勉強し年収アップ 」 がおススメな2つの理由

オススメな理由が以下の2つです。1つずつ解説していきます。

・ITは日進月歩,勉強し続ける必要あり。英語は1度覚えればOKなので効率的

・どんどん仕事がグローバル化し、英語人材のニーズは増す

詳しく解説していきます。

ITは日進月歩,勉強し続ける必要あり。英語は1度覚えればOKなので効率的

スキルアップで年収アップを狙う場合、一番お勧めが英語のスキルアップです。

IT技術は日進月歩し折角学んでも、日々進化します。終わりなき勉強です。(だからITは面白いですが)。

しかし、英語は一度単語を覚えたり、発音できるようになれば、来年から読み方が変わる事などありません

つまり、ITの勉強に比べハードルが低いです。

さらに、英語はある程度使えるようになると、仕事で英語を使うことで無意識で英語力が上昇していきます。

どんどん仕事がグローバル化し、英語人材のニーズは増す

日本企業は海外でビジネスする事が必須になる

総務省が発表した情報によると、日本の人口は
2019年で約1億3千万
2060年には約9千万人
になると発表されています。

つまり、40%減少します。

一方海外の人口は、

2019年、約75億
2050年、約98億人( 30年後の)
2100年、約112億人( 80年後 )
どんどん予想しています。

つまり、縮小する、日本マーケット、拡大する海外マーケットという構図です。

日本人がグローバルでビジネスをする必要は必須です。

日本のお客さんもグローバル化どんどんしていく

国内に目を向けても、もはや外国人相手のビジネスは必須です。

現状、日本を訪れる訪日外国人は急増中です。

オリンピックもありもっと爆発的に増える可能性すら秘めています。

社内SE・システムエンジニアとかではなく、もはや衰退する日本だけでビジネスという考え方が立ちいかなくなっています

まして、高度な社会インフラが世界的に整備されれば、さらにボーダレスに仕事をするマインドと英語力が求められます

日本企業で始まる英語共用化の流れ

大手の楽天・アマゾン・ソフトバンクでは、グローバルでビジネスをする土壌・優秀な人材を集める布石とし社内言語を英語を共用語と設定しています。

実は国内では非常に沢山の企業で、英語共用語の取り組みは行われています。

英語公用語にかじ取りをする企業一覧

楽天 英語公用語化:英語ができない役員は、2年後にクビに

ファーストリテイリング:外国人が参加する会議で使用する言語は原則英語

アサヒビール :2010年から海外武者修行プログラムの研修制度を開始

シャープ :社内全部署を対象に英語を社内公用語化

三井不動産:11年から総合職全員を対象に、TOEIC®で730点目標点数を設定

三井住友銀行:総合職の全行員約1万3000人、TOEIC®で800点以上を目指す

三菱地所:2009年よりニューヨーク大学で不動産資格の取得を目指す制度導入

三菱商事:管理職的な昇格要件の1つにTOEIC®730点以上の基準を設置

日立製作所:2012年新卒より、事務全員、技術半数を、海外赴任前提に採用

日本電産:2020年から部長級への昇進に2カ国語の習得を条件

武田薬品工業:2013年新卒から(一部除き)応募条件TOEIC730点以上基準

ソフトバンク:TOEIC高得点一時金:900点以上100万円、800点以上30万円

出所:http://lifecy.com/

大手を中心に英語が要件になり、お金を払ってでも推進する強い意志が感じられます。

年収アップの為にどの程度の英語力を身に着ければいいの?

年収アップにつながるためには、どの程度の英語力アップを狙うべきなの?

結論から言うと、狙いは750点です。

DODAで【企業が求める英語力】を調査しています。結果は以下です。

社内SEに求める英語力
「上級」の英語力を求めている  20%
「中級」の英語力を求めている  18%
「初級」の英語力を求めている  2%

一般的な、TOEICの点数別英語力で言うと、企業の約4割は中級以上(600点)以上を求めているってことになります。

TOEIC点数レベル

初学者  300~400点
初級者  400~500点
初中級者 500~600点
中級者  600~750点
中上級者 750~850点
上級者  850~950点

先ほど上記で紹介した年収と英語力の図で見てみます。

社内SEの平均年収は490万円です。企業は600点台を求めています。年収平均では15万円アップになります。もし、英語力を750点台に持っていけると一気に年収平均533万円となり平均43万円増加する傾向です。その水準まで英語力を上げれば英語で年収アップが狙えます。

英語で年収アップすると生涯年収では1290万円の差

仮に25歳の方が30歳までに英語を750点に持って行った場合、その後、65歳まで43万円収入が増えると計算します。

43×30年=1290万円も生涯年収に差がつきます。さらに、統計的に、英語が出来る人の方が出世する傾向にあるらしいので差は1290万円以上の収入になると想像できます

つまり、英語でキャリアと年収アップ両方が狙えます

どうやって英語の勉強をするべきか?社内SEへのお勧め英語勉強方法3選

お勧め1 英語ができる多忙なミドルクラス向け
スパルタバディ|オンライン英語コーチ 

LINEで使って英語力を上げる方法です。習慣化して英語を使って覚えたい人に抜群にお勧めです。

お勧め2 高校英語など知らんし!中学英語からだろ!っていう方へ
スタディサプリ|Englishビジネス英会話

英語の重要性は分かった!、、、ちょっとまて。おれは高校英語など知らん!でもやる気はある!という方に絶対おすすめ。全ての機能が7日間無料でお試し可能で初めて見る事を推奨。ちなみに、ビジネス英語申込むと日常英会話は無料!

お勧め3 俺の課題は、家族だ!嫁が予算を掌握してる方へお勧めはこれ
家族で分けあえるオンライン英会話 

英語勉強したいが嫁が単独勉強など許すはずがない!、、という方は、嫁を説得しやすいこのプログラムがこれ!
あなた:「英語で年収上がるらしいしさ、しかも、お前も英語勉強したいっていってたし、子供も学校で、ほら、英語教育で大事じゃん! 」 って言えるプログラムです。WEB無料会員登録あります!

社内SE・情シス必見|年収40万アップ狙うなら英語学習がお薦めまとめ

社内SE・システムエンジニにおススメの年収アップ方法は、英語力でTOEIC750点を目指すことです。平均で43万上がる傾向です。生涯年収は1000万以上の差が出ます。今後ますます英語人材の需要は高まります。是非今のうちに行動し準備をしましょう。

この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪
✓書いた人

記事を読んでいただきありがとうございます!

ITエンジニアを応援しているグルー(@/it_compass_guru)です。

略歴(米にてSE/ITコンサル→大手ECの社内SE)実績(グローバルERP刷新・及び15か国展開、MDM・生産管理・WMS・CRM開発)社内SE講師として100名弱指導。

Twitterで記事の更新連絡や「システム開発×ITの転職」の情報受け取ることが出来ます。

IT Comp@ss 社内SEブログ
タイトルとURLをコピーしました