ITの悩みから探す社内SEの仕事とは

社内SEの平均年収・相場は510万?そのカラクリとは?転職に必見

ITの悩みから探す

社内SE・情シスの平均給与・年収が510万って高くないですか?
社内SEの平均年収の実態を教えて
年収をアップさせるにはどうしたらいいの?
大体どれくらいの相場なの?自分って年齢的に相場相応の金額もらえてるのかな?

といった疑問に答えます。

この記事で
・社内SE/情シスの平均年収の実態
・年収を上げるために必要なポジショニング

を解説します。

社内SEとして今後どんな風な選択肢があるのかクリアになり、転職等有利に進めることができます。

✔記事の信ぴょう性

SE歴10年以上。現大手EC運営企業の管理職 兼 社内SE講師。

グローバル(15か国以上導入)へ大規模ERPシステム開発・導入を実施。

2018年よりSE講師として100名弱の部下・生徒の教育を実施。

社内SE/情シスの平均年収の実態

社内SEの平均年収は510万円です。この510万円という数字ですが、結構高給です。国税庁の調査によると 日本のサラリーマンの平均給料が441万円 で、社内SEの方が61万円高い結果です。

なぜ、社内SEの平均年収はなぜ高いのか?を以下のポイントで解説します。

社内SEの年収とIT業界全体の相場比較
社内SEの年収が高給な理由

社内SEの年収とIT業界全体の相場比較

まずは、社内SEの平均年収です。この510万という数字は、以下様々なサイトの情報をもとに社内SE/情シスの年収の中央値を算出しました。

サイト名 社内SEの平均年種
求人ボックス500万
転職会議475万
Mid-works514万
リクナビ510万
Doda549万
平均510万円
*千の位で四捨五入

社内SEの平均年収は510万円です。

次に転職サイト大手のdodaの情報と比較します。

✔IT業種別平均年収

doda

ざーーーーーーとご覧になってわかるように、社内SE/情シスの年収はありません。

ちなみに、社内SEという言葉・職業があるのは日本だけです。海外では普通にシステムエンジニアやアプリケーションエンジニアと呼びます。

話を戻すと、社内SEに一番近そうなのが、SE・プログラマ・運用/監視/保守・ヘルプデスク・システム開発・プロジェクトマネージャーです。

IT業界の中では、役割によって呼称はかわりますが、社内SE/情シスの場合ひとくくりですね。

社内SEとして、保守運用する人もいれば
社内SEとして、企画・開発する人もいたり
もっというと、社内SEとしてもっと戦略的なお仕事をする人もいます。

社内SEの年収が高給な理由

社内SEの仕事は非常に広義ですが、そういった様々な社内SEの役割の人を丸っとひとまとめにすると社内SEの平均年収が高給な構図が出来上がります。

つまり、ポジショニング・キャリアロードマップを上手くすれば年収・キャリアアップを狙えるということです。

補足として、求人市場に目を向けます。

IT業界のみ求人は底堅く推移しています。

ビジネスにITは欠かすことができないドライバーであり、コロナの影響もありどの企業でもDXを加速させています。まさに時代に後押しされた職業であるといえます。

サンプルですが、プログラマやシステムエンジニアの年収も右肩上がりです。

SAMURAI ENGINEER
SAMURAI ENGINEER

社内SEとして年収アップを狙うために押さえておきたい3つのポイント

広義の社内SEは非常に魅力的であり年収アップも狙える職業であると理解できたと思います。しかし、年収アップを狙う際に気をつける点・押さえておきたいポイントがあるので解説します。

社内SEの年収決定要因を理解しよう
社内SEの年収格差も理解しよう
社内SEの上手な転職効率化方法

社内SEの年収決定要因を理解しよう

あなたが5年後結構もらえるのかは、5年先輩をみるのが一番手っ取り早いです。その人たちの生活水準があなたの成り行きの5年後です。

これが社内SEの現実です。いやなら転職しかありません。

理由を解説します。

社内SEの年収決定要因は以下です。

1. 前職の年収額(月給/賞与/手当)を参考にして年収を決定
2. 年齢や前職年収は関係なく経験や能力で年収を決定
3. 給与体系に沿って年収を決定

IT・社内SE必見|年収を上げる単純な方法。体験談に基き結論

3がポイントで、社内SEの年収は就職する企業の給与体系に依存します。

ですので、先輩の背中をみると自分の年収の未来がわかります。

社内SEの年収格差も理解しよう

社内SEの年収でもう一つ押さえておきたいポイントが、企業におけるITの重要性です。

大手を中心にITで競争優位性の確立、さらなる業務コスト削減に本気で取り組んでいます。

そういった企業では優秀な人材に高額な年収を提示しています。

例えば、

ITドリブンで事業を推進する大手を中心に1000万円を超える給料が社内SEに提示されています。

1位 1500万円 株式会社ファーストリテイリング

1位 1500万円 株式会社MonotaRO

3位 1200万円 株式会社キーエンス

4位 1000万円 コニカミノルタ株式会社

4位 1000万円 三菱電機株式会社

参考:

出所サイト:マイナビ IT AGENT

マイナビ IT AGENT

なかなか魅力的です。

ぶっちゃけ、地方の中小企業ではそもそも給与体系が低いのであまり可能性はないかもしれませんが、首都圏の大手であれば企業の給与体系も高く、それに準ずる形で社内SEの給与も高いという構図です。

現在地方の社内SEとして活躍し、首都圏への移動も検討している場合、中小で様々な実績(大手では特化になり裏返すと強みになる)を生かし、大手への貢献を武器に転職活動はありなストーリーです。

IT業界全体で見た場合の社内SE/情シスのポジショニング

上記でお伝えした結果が、企画~ヘルプデスクまで合わせての平均と考えると意外に高いなという印象です。実態として大手などでは、社内SEの企画・開発系は高収入で、サポートデスク等は比較的低賃金です。

✔あわせてお勧めの記事
社内SE/Sier SEの違い比較【求人倍率・年収・スキル・残業】

・相場のまえに、サラリーマン全体もご紹介します。

平成30年の国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収は約441万円です。

SE・プログラマー・社内SEが一色単にされているので細分化し調査結果は以下です。

分類社内SEシステムエンジニアSESプログラマー
仕事内容企画・開発・運用企画・開発・運用開発・運用支援コーディング
平均年収510万550万300万400万

社内SEの年収を見ると結構高額。なんで?と感じるかもしれません。

理由は、社内SEの年収は事業会社の場合、企業の賃金テーブルに依存する形になるので1000万越えもあります。

さらに、(特に大手の)社内SEの仕事は上流工程になり、プロマネ・コンサルと同様の仕事内容・パフォーマンスを求められるという観点で見ると社内SEの年収が高いのも理解できます。

システムエンジニアはいくら?

厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査(平成29年)によるとシステムエンジニアの平均年収は550.8万円です。

✔社内SEとシステムエンジニアの年収比較表

業種平均年収
一般419万円
社内SE510万円      
システムエンジニア550万円

給与は企業サイズ依存、大企業では社内SE・SEで1000万越えあり

さらに夢のある話をします。

社内SEの仕事も給与も就業する企業にかなり依存します。

例えば、外資系企業や一部上場企業の社内SEであれば、1000万越えの求人も普通にあります。

社内SEの転職に特化した社内SE転職ナビで検索してみると、1189求人も見つけることができました。

出所:社内SE転職ナビ

この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪
✓書いた人

記事を読んでいただきありがとうございます!

ITエンジニアを応援しているグルー(@/it_compass_guru)です。

略歴(米にてSE/ITコンサル→大手ECの社内SE)実績(グローバルERP刷新・及び15か国展開、MDM・生産管理・WMS・CRM開発)社内SE講師として100名弱指導。

Twitterで記事の更新連絡や「システム開発×ITの転職」の情報受け取ることが出来ます。

IT Comp@ss 社内SEブログ
タイトルとURLをコピーしました