社内SE基礎講座

上流工程が【つまらない・やりたくない】解決方法|社内SE

上流工程つまらない・やりたくないと感じる理由と打ち手|社内SE用社内SE基礎講座

上流工程ってつまらない。。。

上流工程やりたくない。。。というか苦痛。

どうしたらいいの?

と言った疑問に答えます。

この記事を読むことで、(社内SEが)上流工程で抱える課題別にどのように解決できるのか?を1つずつ解説していきます。

✔記事の信ぴょう性

SE歴10年以上。現大手EC運営企業の管理職 兼 社内SE講師。

グローバル(’15か国以上導入)へ大規模ERPシステム開発・導入を実施。

2018年よりSE講師として100名弱の部下・生徒の教育を実施。

今回の記事内容は、私の経験で見てきた部下の光景等を元に分析しました。

上流工程つまらない・やりたくないと感じる3つの理由と解決法

上流工程をつまらないと感じる理由は以下をです。

・上流工程がつまらない・やりたくない=スキルがアンマッチのケース

・上流工程がやりたくない理由は、人間関係の問題

・上流工程がつまらない原因は、何をしたらいいか分からないから

上流工程がつまらない・やりたくない=スキルがアンマッチのケース

システム開発における上流工程と下流工程には求められる作業内容と、スキルに違いがあります。

以前にまとめた【上流工程難しい。推進に必要な考え方・知識・スキルとは?SE必見】の記事から一部引用しご紹介します。

程と下流工程で違う点

難しさの違い
上流:紙をつくるフェーズ
下流:アプリを作るフェーズ

求められるスキルの違い
上流:コミニケーション
下流:実行スキル

上流工程難しい。推進に必要な考え方・知識・スキルとは?SE必見

システム開発と一括りにされがちですが、求められるスキル等には、これだけ違います。

人と会話し紙に落とし込んでいくのが好きだったり、技術と向き合いプログラミングしていくのが好きだったり人には向き不向き・好き・嫌いがあります。

IT好きだけど、自身の特技・特徴とアンマッチしているケースもあります

もし、上記が該当する場合、

中小企業の社内SEへ転職
⇒大手の社内SEを検討。理由、大手であれば領域ごとに役割が分かれている場合もあり。社内SE転職【社内SE転職ナビ


プログラマーへの転職
⇒下流工程に専念が可能。プログラマー転職【マイナビエージェント×IT

万が一、転職とかに迷っている。まずは気軽に相談したい!という方は、求人を紹介しない転職支援コンサルティングをしてくれるゲキサポ】がお勧め。

上流工程がやりたくない理由は、人間関係の問題

他の、上流工程がつまらないというケースは人間関係の問題です。

上流工程を一緒に進めている業務ユーザーと合わないという声を耳にします。

この解決策は2つあります。

馬の合わない人と仕事をしないようにする。移動・転職・なるべく避ける。

ある程度上手くできるようにあなた自身も調整する
程度の差はあれ、馬の合わない人はどのプロジェクトにも存在します。だれとも上手くいかない場合、上流工程は向いていないでしょう。ITが好きであれば上流工程に固執せず他領域でいいと思います。

上流工程がつまらない原因は、何をしたらいいか分からないだけ

一番多いケースは、上流工程がつまらないのではなく、今何をしたらいいかわからない=やることが分からず暇=つまらないと感じてしまうケースです。

上流工程の始まりは、業務・ビジネスの企画です。この企画がモンモンとしていたり、進まないと社内SEも待ちのような状態になりがちです。

社内SEとしては煮え切らない状態が続き、結果、待ってるの疲れた=つまらない、になります。

解決方法はいたってシンプルです。

・我慢して待つ
・身を乗り出して業務ユーザーを支援する

この2択です。

個人的には、企画段階でビジネス的に面白そう・自分も興味があって進めたいな!と感じたら遠慮なく会議を設定したり、ヒアリング内容を紙に起こして事を進めます。(ドンドン楽しんでOKです。)

一方、あなたの興味やビジネス的、効果・メリットがなさそうであれば放っておきましょう。

万が一あなたの年間目標と連動し評価が下がりそうで不安、という場合には、事前に上司と会話し別の目標設定しておけばOKです。

上流工程の進め方。社内SEとして何をすればいいの?

上流工程の企画フェーズは基本業務ユーザーが推進します。しかし、待ちの姿勢では一向に進まない場合もあります。

その場合は、システム開発に必要な以下成果物を作るためにヒアリングを実施しアウトプットを作り上げます。

プロジェクト概要 サンプル
プロジェクトの課題 サンプル
課題解決の打ち手とシステム化概要 サンプル
システム化機能一覧 サンプル
業務概要図 サンプル
業務フロー AS-IS/TO-BE サンプル
システム全体図 サンプル


この一連の内容をヒアリングしドキュメント化出来るまでに議論が進めば、システム開発プロジェクト立ち上げも目前です。

システム開発の進め方は、【第2章 社内SE/情シスのシステム開発-入門講座|独学勉強ステップ】の記事で詳しく解説しています。

注意点:プロジェクト概要・プロジェクトの課題は必ず業務ユーザーに書いてもらいましょう。

システム開発は課題解決の一部であり全部ではありません。何の為に、誰の為に作るのか?は重要です。

テンプレート参考サイト:IPA 超上流から攻めるIT化の事例集:システム化の方向性と計画

上流工程を更に学びたい人におすすめの書籍は【はじめての上流工程をやりぬくための本】です。こちらの記事で他おすすめ書籍も紹介しています。

上流工程のやりがいとは?

上流工程のやりがいは、以下です。

ビジネスに貢献する施策の貢献に参加できる

システム化するソリューションをデザイン出来る

ものづくりを頭からお尻まで出来る

業務ユーザーとのコミニケーションが出来る

ビジネスに貢献する施策の貢献に参加できる

上流工程は業務・ビジネスサイドとのコミニケーションが発生し、システム化の目的等のディスカッションが発生します。ITでどうビジネス・社会貢献できるか興味のある人に向いています。

システム化するソリューションをデザイン出来る

上流工程は、出てきた要件をもとにどのようなソリューションでデザインをするかを検討できるポジションです。UI/UXといったデザイナーとは異なりますが、そういった構造デザインに興味がある人にも向いています。

あわせておすすめ記事
なぜいい物を作っても売れない?解は昭和53年|あるべきUX・DX

ものづくりを頭からお尻まで出来る

上流工程のやりがいの一つが、一連の工程を頭からお尻まで出来ることです。自ら検討したソリューション・グランドデザインから実際のコーディングまでシステム開発を丸っと堪能したい人に向いています。

業務ユーザーとのコミニケーションが出来る

上流工程は沢山のIT素人とのコミニケーションが発生します。そんな業務ユーザーとのディスカッションが楽しい!どちらかというと、実際のコーディングはあまりしたくないという人にも向いています。

上流工程が【つまらない・やりたくない】解決方法|社内SE

上流工程がつまらない・やりたくない場合の解決方法は以下の2つです。

やるべきタスクを認識し、待ちの姿勢ではなく社内SEから業務ユーザーを支援し楽しむ
・上流工程がつまらない原因は、何をしたらいいか分からないから

あまり上流工程や今の仕事に固執せず転職を検討。向き不向きはあるので無理しないで。
・上流工程がつまらない・やりたくない=スキルがアンマッチのケース
・上流工程がやりたくない理由は、人間関係の問題

・中小企業の社内SEへ転職
⇒大手の社内SEを検討。理由、大手であれば領域ごとに役割が分かれている場合もあり。社内SE転職【社内SE転職ナビ
・プログラマーへの転職
⇒下流工程に専念が可能。プログラマー転職【マイナビエージェント×IT