IT転職 システムエンジニア

SEの仕事ついていけない|解決方法と根本的2つの原因を解説

SEの仕事ついていけない・辞めたい人必読|悩みの本質と解決方法IT転職

SE(システムエンジニア)の仕事ついていけない

この先どうしていったらいいか知りたい

といった悩みに答えます。

この記事を読むことで、SEの仕事がつらくてついていけない!とう悩みが解決できます。表層的な今回限りの対応策だけではなく、本質的な悩みの考え方も解説します。

システムエンジニア(SE)の仕事がつらい本質とは?

仕事の悩みの間違った対応方法の手順は以下です。

  • 上司と相談する
  • 転職する
  • 耐える
    といった行動にすぐに実行する事です。

正しい手順は以下です。

  • 悩みの本質を理解する
  • 行動する 

上記の正しい手順とそうでない手順の間には、長い年月で非常に大きな違いが生まれます。

今回、このチャンスにすぐに行動に移さず、ちょっと仕事のつらさ・ついていけない心のゆとりのある方は記事を読み進めてみてください。抜本的な解決が出来ます。

システムエンジニア(SE)つらい・ついていけないと一人で悩む前に…

仕事の悩み・将来への不安を、ずるずる伸ばしてはいないでしょうか?
限界がくる前に、キャリアアドバイザーに無料相談しましょう。

システムエンジニア(SE)の仕事についていけない2つの原因とは?

システムエンジニア(SE)の仕事についていけない本質を解説する観点は以下2つです。

  1. システムエンジニアの悩みの原因のほとんどは対人関係の悩み
  2. システムエンジニアの競争は年齢とともに激化する構造

人間の抱えている課題は対人関係の悩みであるという事実の認知

システムエンジニアのあなたの悩みの解決の記事ですが、ちょっとだけ一般論の話をします。

今後も様々な悩みに遭遇します。その際に役に立つ情報が、心理学者アドラーの言葉です。

有名な心理学者のアドラーさんは、悩みは全て人間関係にあると言っています。

仕事でたくさんの部下を育成してきましたが、やめていく方の悩みは全て人間関係でした。

・職場の同僚・上司と上手くいかない
・実家の両親の体調が悪い
・子供の為に実家に帰省したい

等々です。

今回のあなたの悩みも、人間関係です。この機会に、あなたの抱えている人間関係の悩みを整理する必要があります。

今回あなたが抱えているシステムエンジニアの仕事についていけないとなやんでいるのも、一見技術的な悩みにみえて対人関係です。

参考ですが、アドラーさんの哲学もっと読み深めたい方は以下の書籍お薦めです。一読した方は読んでおいて損はしないビジネス?哲学書?(どっちもかな)です。アドラー心理学の第一人者である岸見一郎氏がライターの古賀史健氏とタッグを組み、哲学者と青年の対話篇形式で彼の思想を解き明かしていきます。

人間関係の悩みの整理方法

整理するポイントとしては、課題を、

  • 「あなたの問題」
  • 「他人の問題」

に分類します。

あなたが解決できるのは、「あなたの問題」のみであり、「他人の問題」は解決できません。

これを間違ってしまうと疲弊します。

分類後、あなたが解決に注力するのはあなたの問題だけです。他人問題は、何が他人の問題かを認識すれば十分です。

システムエンジニアの競争は年齢とともに激化する構造

システムエンジニアの仕事についていけない!と感じるのは実は自然なんです。システムエンジニアの年齢別職業分布をみてみましょう。

全職業の年齢別労働者数を見てみましょう。山の形が違います。顕著な比較は、以下の右の男性の労働人口との比較です。

システムエンジニアの仕事が比較的新しい仕事とはいえ、他の業種の労働人口の分布と比較し30歳~35歳をピークに徐々に減少を始めています

一方、一般的な業種では男女ともに、56歳までは労働人口は減少していません

つまり、システムエンジニアはいずれ転職する仕事であると言えます

実際、某有名SIER企業でも、「Up or Out」=「昇進 or 退職」が非常につよく、40歳以上の平社員にあったことがありません。これは、相当異常な状態と言えます。

あなたの職場の構成を見てみて同じような客観的な状況であれば、あなたもいつの間にかしのぎを削るレースに巻き込まれついていけない・疲れたなと感じても自然です。

すごく重要なので、もう一度抜粋します。

・システムエンジニアの世界に40歳以上の平社員は見かけない
・システムエンジニア社会はUp or Outが当たり前
・あなたがついていけないのは、いつの間にかこのレースに参加しているから

システムエンジニア(SE)の仕事についていけない場合の取るべき行動

ここまでの解説で、課題の本質を解説しました。その上で取るべき行動に移す必要があります。

取るべき行動は非常にシンプルです。

「あなたの問題」
・勉強する

「他人の問題」
・上司に相談する
・耐える
・転職する

「あなたの問題」悩みの本質の課題を改善する

「あなたの問題」と「他人の問題」に分類ができていれば、自分で解決可能な範疇に絞り解決を実施しましょう。

システムエンジニアの仕事についていけないと感じる場合、具体的に困っているのは以下のいずれかのパターンです。

パターン別に解決案を提案

①ビジネススキルが不足している グロービス学び放題を活用して勉強

②特定のITスキル不足 書籍で学習 Amazon IT ランキングをチェック

③そもそもシステムエンジニア業務知識不足 SE基礎勉強方法をチェック

④ちょっと、今は疲れて心にゆとりがない クルーズ旅行

不足している知識不足は①~③の勉強を実施する必要があります。

①に関しては、「グロービス学び放題(グロ放題)のおすすめキャンペーン情報+α」の記事で詳しく解説しています。

対人関係のつらさも取りつつ前進する方法として④をお勧めです。通常の旅行ではなく趣向を変えたクルーズでリフレッシュはおすすめです。

上司に相談する

他人の問題は、上司を上手く使って改善を促してみるのが得策です。

また、職場によっては移動や配置変更等も可能だったりするので相談をして全く損はないと思います。

もし、相談できる上司がいない場合や相談してもダメな場合は、以下の2つの選択肢しかありません。

耐える もしくは 転職する

残された選択肢は、耐えるです。これにアドバイスはなく精神・健康衛生上よくありません。

早めの転職活動をお勧めします。

登録無料のお薦め転職エージェント

・転職に不安があり支援が強みのエージェントはDODA

・やっぱり、社内SEへの転職を探したいならアイムファクトリー

・新卒や第二新卒の求人を探すなら マイナビジョブ20’s

登録無料で気軽に相談できる大手エージェントです。とりあえず登録しておいて情報取集を専門家を使い行うのがスマートです。

✔あわせておすすめ
社内SE/システムエンジニアに強い厳選4サイト【IT採用担当直伝】」の記事では、社内SE・システムエンジニアの転職におすすめの厳選4社を紹介しています。

SEの仕事ついていけない|解決方法とつらい原因を解説【保存版】まとめ

SEの仕事についていけない人の悩みの本質は、人間関係の悩みです。人間関係の悩みは、「自分の問題」と「他人の問題」に分類することが出来ます。この考え方=悩みの構造を理解することにより今後も、「悩み」にどう対応するべきかわかります。

あなたの課題を解決しつつ、他人の課題を、上司に働きかけ改善を試みましょう。また並行して転職で選択しを昼ゲル行動も重要です。システムエンジニアは短命という統計もあります。この悩みを転機と前向きにとらえ行動をおすすめします。